2016年4月10日日曜日

HAT TRICK=ハットトリック 牡・15歳の誕生日を迎える、サラブレッド(2)

( HAT TRICK= ハットトリックの産駒の1頭)


2001年4月26日・北海道・勇払郡・追分町(現・安平町)追分向陽1233-1の、追分ファームで、トリッキーコードの2001として生まれた、ハットトリックは、現役当時・キャロットファームの所有馬として、中央競馬で21戦8勝の成績を残しており、2005年の、最優秀マイラーズホース(短距離馬)にも選出されるなどとして活躍した、HAT TRICK=ハットトリックは、2007年の読売マイラーズカップ・6着後、安田記念にむけて、調整されていましたが、南アフリカとアメリカを半年ごとに行き来する、シャトル種牡馬として繋養生活を送れるよう、種牡馬としてスタッドインしてほしいという、要請のオファーがあった様で、今後の対応について協議した結果、2007年5月8日・現役引退を発表、同年5月10日付で、競走馬登録を抹消と同時に、馬運車で、宮城県・亘理郡・山元町の、山元トレーニングセンター(すでに閉鎖。)に行き、出国検疫検査を、5月26日まで受けました。

2007年5月27日・青鹿毛の馬である、ハットトリックは、山元トレーニングセンターを後に、 馬運車にて、空港にむけて出発し、名残り惜しい、日本の育成牧場を後にしました。

空港に到着した、HAT TRICK=ハットトリックは、ストールに積み込んだ後、ストールごと、飛行機に積み込まれました。

HAT TRICK=ハットトリックは、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにむけて空港の滑走路を離れ、長い間長く住み慣れた、日本を後にしました。

HAT TRICK=ハットトリックは、青鹿毛の馬体を見ながら、長い飛行機の中で、渡航しました。

2007年5月28日(日本時間・5月29日)・HAT TRICK=ハットトリックは、長い飛行機での移動を終えて、アメリカ・ケンタッキー州のブルーグラス空港に着陸、飛行機から出てきた、ストールを折りました。

HAT TRICK=ハットトリックは、馬運車に積み替えられて、長い距離の道のりをへて、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクの、WALMAC  FARM LLCに到着、ここで、馬運車を降りました。


2007年6月・WALMAC FARM LLCに到着した、HAT TRICK=ハットトリックは、体作りのトレーニングをした後、2008~2009年の種牡馬シーズンから、WALMAC FARM LLCを拠点に、シャトル種牡馬として、繋養生活を開始し、10年間・WALMAC FARM LLCで生活を送り、この間・オーストラリア・アルゼンチンの牧場にシャトル種牡馬として、繋養生活を送りました。

2008年~2009年の種牡馬シーズンから繋養生活を開始した時は、種付け料は15000ドルに設定されていましたが、2010~2011年の種牡馬シーズンの種付け料は6000ドルに落ち込んでいました。

2011年11月4日(日本時間・11月5日)・WALMAC FARM LLCを拠点にシャトル種牡馬として、繋養生活を送ってきた、HAT TRICK=ハットトリックですが、同じ、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクの競走馬生産牧場・GAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)に、売却されて、2012~2013年のシーズンから、繋養生活を送ることになり、11月18日・HAT TRICK=ハットトリックは、2008年の繋養開始以来、長く繋養生活を送ってきた、WALMAC FARM LLCを後に、馬運車で移動しました。

現在の繋養先・GAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)には、2012~2013年の種牡馬シーズンから、HAT TRICK=ハットトリックは、繋養生活を開始し、現在も、繋養生活を送っています。

ハットトリックは、これまでに、ダビルシム・ハウグレート・ホーリートリックなどの代表産駒を輩出しました。

日本にも、毎年1~2頭のペースで、HAT TRICK=ハットトリックを父に持つ産駒が、毎年1~2頭のペースで輸入されており、HAT PLAY=ハットプレイ(血統名・ソレイユレディーの2013・母・ソレイユレディー・ライオンレースホース株式会社の所有馬で、栗東・森田直行厩舎の所属管理馬となっている。)みたいに、日本の中央競馬で現役競走馬として現在も活躍中の馬もいるとの事です。

GAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)での繋養生活も、すっかり慣れている、HAT TRICK=ハットトリックは、2016年~2017年の種牡馬シーズンも、元気な姿を見せる青鹿毛の馬として、生活をしている馬です。

HAT  TRICK「モグ、モグ、モグ、モグ、モグ。」

ハットトリックは、大きい牧草をはんでいました。

ケンタッキー州・パリスパイクの、ブルーグラスの牧草は、アルカリ性の牧草で、ハットトリックは。大きくはんでいました。

HAT  TRICK「カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。」

ハットトリックは。大きい脚で、ケンタッキー州の大地を歩めていました。

HAT  TRICK「ブルルルルルルル、ブルルルルルルル。」

ハットトリックは。大きい鼻息で、ケンタッキー州の空に、鳴らしていました。う

HAT  TRICK「ウ~~~!」

HAT  TRICK「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

ハットトリックは、大きくて、緑色のうんこを落としてやりました。

ハットトリックは、尻尾を上げて、大きい緑色のうんこを、出してやりました。

ハットトリックは、ケンタッキーの大地を見ながら、たくましく生きて行く馬です。

HAR TRICK 「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

ハットトリックは、大きい雄たけびを鳴らしながら、生まれ故郷を想い出しています。

ハットトリックは、サンデーサイレンスを父に、トリッキーコードを母に持つ、青鹿毛のたくましい男の子のサラブレッド、それがハットトリックです。

HAT  TRICK「プ~~~!」

ハットトリックは、気持ちいいおならを鳴らし、嗅いでいました。

HAT  TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

ハットトリックは、大きい雄たけびで、いなないてやりました。

それが、サンデーサイレンスと、トリッキーコードの仔・ハットトリックです。

HAT  TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。:

GAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)の種牡馬厩舎に、戻した、ハットトリックは、いごごちのいい厩舎で、過ごしていました。

HAR TRICK「フ―――――!」

ハットトリックは、いい息をふきかけていました。

ハットトリックは、懐かしい、マイルチャンピオンシップの夢を見てやりました。

ハットトリックとは、1試合で1選手が3得点以上を挙げることという意味です。

大きくてたくさんのレースで勝利を上げて行こうという願いが込められている、青鹿毛のサラブレッド、それが、ハットトリックです。

ハットトリックは、サンデーサイレンスを父に、トリッキーコードを母に持つ、青鹿毛のサラブレッドです。

ハットトリックは、北海道・追分町の出身生産馬です。

トリッキーコードの2001が血統名の、青鹿毛のサラブレッド、それが、ハットトリックです。

ハットトリックは、逞しく、強い男の子の馬に育ってほしい願いが込められている馬、トリッキーコードの2001が血統名のサラブレッド、それがハットトリックです。

HAT  TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルル。」

翌日・GAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)の、種牡馬厩舎。

HAT  TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルル。」

ハットトリックは、大きい雄たけびでいなないてくれました。

さすが、サンデーサイレンスを父に、トリッキーコードを母に持つ、ハットトリックです。


HAT TRICK「ウ~~~~!」

HAT TRICK「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

ハットトリックは、大きくて緑色のうんこを出してやりました。

放牧場に出して、戯れながら、ハットトリックは、走り出してやりました。

HAT TRICK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

ハットトリックは、大きい牧草を走ってやりました。

放牧場の柵に来た、ハットトリックは、ニョロニョロと、おしっこを出していました。

HAT TRICK「バシャ~~~~~~!」

ハットトリックは、大きくて、気持ちいいおしっこを出してやりました。

HAT TRICK「バシャ~~~~~!」

おしっこを出した、ハットトリック、大きい脚で走り出しては、柵に止まりました。

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

ハットトリックは、大きい雄たけびをならして、いななきました。

HAT  TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

ハットトリックは、生まれ故郷・北海道を想い出しながら、大きい雄たけびでいななく馬です。

HAT TRICK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

ハットトリックは、大きい脚で、走っていく、青鹿毛のサラブレッド、それがハットトリックです。

HAT  TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルル。」

2005年・第22回・マイルチャンピオンシップに出走した当時、4歳だった、ハットトリックも。同じ、サンデーサイレンスを父に持つ、デュランダル(種牡馬として繋養生活中の2013年7月7日・心臓発作で死亡した。)などを破って、優勝馬になるなどとして活躍、引退後、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクで繋養生活を送っている、HAT TRICK=ハットトリック、今月26日(日本時間・27日)で、牡・15歳の誕生日を、繋養先のGAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)で迎える様だが、マイラーチャンピオンホース・HAT TRICK=ハットトリックは、今後も海外繋養種牡馬の1頭として、さらなる活躍を期待したいと想い、願っております。


HAT  TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルル。」


(終)

HAT TRICK=ハットトリック 牡・15歳の誕生日を迎えるサラブレッド。

( 今年の4月26日(日本時間・4月27日)で、牡・15歳の誕生日を迎える、HAT TRICK=ハットトリック)


HAT TRICK=ハットトリックとは、イギリス語のサッカー用語で、1試合で1選手が3得点以上を挙げることの意味、大きくて逞しい青鹿毛の男の子の馬である、サンデーサイレンスを父に、トリッキーコードを母に持つ、青鹿毛の馬でマイラーチャンピオンホースであるサラブレッド、それがHAT TRICK=ハットトリックです。

HAR TRICK 「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

HAR TRICK 「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

HAT TRICK「パカッ。」

HAT TRICK{ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルル。」

アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイク・GAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)

ここに、HAT TRICK=ハットトリックは、繋養生活を送っています。

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

ハットトリックは、大きい雄たけびで、いななきました。

ハットトリックは、北海道の雄大な大地を思い出しながら、大きく体を振り向いてやる馬です。

HAT TRICK「ブルルルルルルル、ブルルルルルルル。」

ハットトリックは、大きい鼻息を鳴らしてやりました。

HAR TRICK 「ウ~~~~!」

HAT  TRICK「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

ハットトリックは、尻尾を挙げながら、大きい緑色のうんこを、落としてやりました。

HAT  TRICK「プ~~~!」

HAT  TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

ハットトリックは、大きいフレーメンでにおいをかいで、いきました。

HAT TRICK=ハットトリックは、サンデーサイレンスを父に、トリッキーコードを母に持つ、青鹿毛で、力の強いサラブレッドです。

HAT  TRICK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

ハットトリックは、ケンタッキー州の大地を、大きい蹄で、走ってやりました。

ハットトリックは、逞しく、大きいたてがみを揺らしてやりながら、走っていくサラブレッド、それが、ハットトリックです。

HAT  TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルル。」



(その2へ。)