2016年1月26日火曜日

ジェンティルドンナ(Gentil Donna=貴婦人・伊) 母・ジェンティルドンナとしての、マタニティライフ生活、いよいよ、2月4日に初の産駒を出産する。

2009年2月20日・北海道・勇払郡・安平町・早来源武275番地のノーザンファームで、ディープインパクトと、ドナブリーニの仔として生まれた、鹿毛のサラブレッドで、2015年から同ファームで、母・ジェンティルドンナとして、繁殖牝馬生活を開始した、ジェンティルドンナ(Gentil Donna=貴婦人・伊)が、いよいよ、来月4日に、待望の初年度産駒(父・キングカメハメハ)を、出産することが、判明しました。

牝・7歳になった、鹿毛のサラブレッド・ジェンティルドンナ(Gentil Donna)は、2014年まで、競走馬として、栗東・石坂正厩舎に預託された馬で、通算成績・19戦10勝の成績をを残した、サンデーレーシングの所有馬で、2013・2014年の2回・ドバイワールドカップ・シーマクラシックに参戦する為、ドバイに、2回遠征しており、2戦1勝の成績を残した鹿毛の牝馬でもありました。

2012・2014年の年度代表馬・最優秀4最上牝馬に連続して選出されるなどとして、活躍した、ジェンティルドンナ(Gentil Donna)でしたが、2014年12月28日・中山競馬場で行われた、第59回 グランプリ・有馬記念(1着)をラストランとして、現役を引退、同日付で競走馬登録を抹消され、長い競争馬生活に終止符を打ち、引退しました。

ジェンティルドンナ(Gentil Donna)は、繁殖牝馬生活入りに先立ち、12月28日に中山競馬場で行われた、引退式に参列し、2011年のデビュー以来、長く競争馬生活を送り、19戦10勝の成績を残した、ジェンティルドンナ(Gentil Donna)の活躍を称えたのです。

ディープインパクトと、ドナブリーニの仔・ジェンティルドンナ(Gentil Donna)は、2015年・牝・6歳の時に、ノーザンファームに繁殖牝馬としてやってきて、この年の3月から、母・ジェンティルドンナ(Dam・Gentil Donna)として、繋養生活を送っており、現在に至っております。

2015年3月4日・ジェンティルドンナ(Gentil Donna)にとって、初の種付交配が、ノーザンファームの、種付交配場にて行われました。

ジェンティルドンナ(Gentil Donna=貴婦人・伊)の、種付交配種牡馬をどうするのか、ハービンジャーにするのか、キングカメハメハ)にするのか、話し合った結果、キングカメハメハ)に決まり、交配が行われました。

ジェンティルドンナ(Gentil Donna=貴婦人・伊)の、種付交配は無事に終了しました。

ジェンティルドンナ(Gentil Donna=貴婦人・伊)は、3月20日に、無事・キングカメハメハの仔を受胎し、成功しました。

2015年4月・ノーザンファームの、放牧場に、3月20日に、キングカメハメハの仔を受胎し、成功した、ジェンティルドンナ(Gentil Donna)が、蹄を歩めては、放牧場に来ました。

ジェンティルドンナ(Gentil Donna)「ブルルルルルル。」

母・ジェンティルドンナ(Dam・Gentil Donna)になって、種付交配後、初の放牧に出された、ジェンティルドンナ(Gentil Donna)も、すっかり、草をはんでいる様子で、早来の大地も、溶けた雪を見ては、ポカポカ陽気の春を眺めては、かわいい鹿毛の牝馬のサラブレッド・ジェンティルドンナ(Gentil Donna)は、尻尾をふっていました。

ジェンティルドンナ(Gentil Donna)「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

ジェンティルドンナ(Gentil Donna)は、大きいいななきで、叫びました。

ジェンティルドンナ(Gentil Donna)は、ディープインパクトと、ドナブリーニの仔です。

ジェンティルドンナ(Gentil Donna)は、かわいい鹿毛の牝馬のサラブレッド、それが、ジェンティルドンナ(Gentil Donna)です。

ジェンティルドンナ(Gentil Donna)「カポ、カポ、カポ、カポ。」

ジェンティルドンナ(Gentil Donna)「ブルルルルルル」

放牧場の隅まで、歩めた、ジェンティルドンナ(Gentil Donna)は、尻尾を上げては尿を出し始めました。

ジェンティルドンナ(Gentil Donna)「バシャ~~~~~!」

ジェンティルドンナ(Gentil Donna)は、大きいおしっこを出してやりました。

ジェンティルドンナ(Gentil Donna)は、大きいおしっこを出しては、雄大な北海道の大地を、見回していました。

ジェンティルドンナ(Gentil Donna)が、2015年から繋養生活を送っている、ノーザンファームには、同期で、2014年12月28日付けで、競走馬登録を抹消したかわいい女の子のサラブレッドが、もう1頭います。

ロシア語で頂上という意味の、ヴィルシーナです。

ディープインパクトと、ハルーワソングの仔として生まれた、ヴィルシーナは、ハマの大魔神といわれた、野球解説者の佐々木主浩さんの所有馬で、ヴィルシーナも、ジェンティルドンナと同じく、グランプリ・有馬記念を最後に、現役を引退、繁殖牝馬として繋養生活を送っている1頭です。


ジェンティルドンナ(Gentil Donna)と同じく、ディープインパクトの仔でありながら、母が、ハルーワソングとなっているのが、ジェンティルドンナ(Gentil Donna 母・ドナブリーニ)とは違う、ヴィルシーナも、2015年から、ジェンティルドンナ(Gentil Donna)と同じく、ノーザンファームで繁殖牝馬として繋養生活を送っており、今後のさらなる活躍が、期待されています。

2016年・1月・ノーザンファーム 繁殖牝馬厩舎。

ディープインパクトと、ドナブリーニの仔・ジェンティルドンナ(Gentil Donna)は、明けて、牝・7歳の、鹿毛の牝馬のサラブレッドになりました。

ジェンティルドンナ(Gentil Donna)「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン!」

ジェンティルドンナ(Gentil Donna)は、大きい声でいななきました。

ジェンティルドンナ(Gentil Donna)とは、イタリア語で貴婦人という意味です。

貴婦人のように、大きく活躍してほしいという願いが込められている、鹿毛の牝馬のサラブレッド、それが、ジェンティルドンナ(Gentil Donna)です。

ジェンティルドンナ(Gentil Donna)「ブルルルルルル、ブルルルルルル。」

ジェンティルドンナ(Gentil Donna)は、大きい鼻息を鳴らしては、繁殖牝馬厩舎でお産の時を待っています。

イタリア語で貴婦人という意味であり、貴婦人のように大きく活躍してほしいという願いが込められている、鹿毛の牝馬のサラブレッドであり、2015年3月から、北海道・勇払郡・安平町・早来源武275番地のノーザンファームで、母・ジェンティルドンナ(Dam・Gentil Donna)として、繋養生活を送っている、ジェンティルドンナ(Gentil Donna)は、来月の4日には、待望の初年度産駒が生まれる予定になっているとの事で、順調に育成されれば、2018年には、競走馬デビューの予定になっているとの事で、19戦10勝の成績をひっさげて、繁殖牝馬として新生活を送る、ジェンティルドンナ(Gentil Donna)の、初年度産駒の誕生を期待したいと想い、願っております。

ジェンティルドンナ(Gentil Donna)「ヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルル。」