2016年11月28日月曜日

ストレイトガール(STARIGHT GIRL=イギリス語でまっすぐな少女という意味。)、遂に競走馬を引退、今後・イギリスで繁殖牝馬としての新生活を送る。

(遂に引退した、ストレイトガール(STARIGHT GIRL=イギリス語でまっすぐな少女という意味。)、今後・イギリス・サフォーク州・ニューマーケット近郊の、ザ・ナショナルスタッドで繁殖牝馬として、新生活を送る予定で、12月には、飛行機で日本を後に、イギリスへ繁殖牝馬として繋養する新生活に旅立つ。)

2009年3月12日・北海道・浦河郡・浦河町の、岡本牧場で、ネヴァーピリオドを母にもつ、鹿毛の牝馬として生まれたサラブレッド、ストレイトガール(STARIGHT GIRL)、遂に2016年・10月30日・東京競馬場で行われた、引退式で、戸崎圭太騎手を背に最後の走りを見せて、競走馬生活にピリオドを打ち、引退しました。

2011年8月21日のデビューから、長く競走馬として活躍した、ストレイトガール、今後、繁殖牝馬として、イギリスで新生活を送るのか、期待したい牝馬です。

STARIGHT GIRL「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン。」

STARIGHT GIRL「ヒヒ~ン、ブルルルルルルルル。」

ストレイトガールとは、イギリス語でまっすぐな少女という意味です。

FUJIKISEKIの産駒の1頭で、ネヴァーピリオドを母に持つ、鹿毛の牝馬、それが、ストレイトガールです。

イギリス語でまっすぐな少女という意味の、ストレイトガールが、競走馬としてデビューしたのは、2011年8月21日・札幌競馬場で行われた、メイクデビュー・札幌で、このとき敗れはしましたが、無事にデビューを果たしました。

2011年8月27日・札幌競馬場で行われた、サラ系2歳未勝利戦で、デビュー2戦目のストレイトガールは、2着以下を抑えて待望の初勝利を挙げました。

以後・500万円以下(函館競馬場)・函館スポニチ賞(函館競馬場)・函館日刊スポーツ杯(函館競馬場)・Uhb賞(函館競馬場)・尾張ステークス(中京競馬場)・シルクロードステークス(京都競馬場)・スプリンターズステークス(中山競馬場)・ヴィクトリアマイル(東京競馬場・2回)にもおよび、獲得した賞金は、5億7036万9900円に及びました。

ストレイトガール(STARIGHT GIRL=イギリス語でまっすぐな少女という意味。)は、今年の5月15日・東京競馬場で行われた、第11回・ヴィクトリアマイルで、2着のミッキークイン・3着のショウナンパンドラを抑えて、1分31秒15のレコードタイムで優勝、連覇を達成したのが、最後のラストランレースとなり、以後・休養に充て得られていました、その間、香港スプリントに出走する為、香港にも遠征し、3着1回・9着1回の成績を残しております。

通算成績も、国内・29戦11勝 海外・2戦0勝の、計・31戦11勝を残しました。

FUJIKISEKIの産駒の1頭で、ネヴァーピリオドを母に持つ、サラブレッドのストレイトガール(STARIGHT GIRL=イギリス語でまっすぐな少女という意味。)の今後の対応について、馬主の廣崎利洋HD(株)・生産者の岡本牧場・管理厩舎の、藤原英昭調教師(栗東)との協議の結果、来年は牝・8歳の馬になる事と、同年の3月から、4月にかけては、繫殖牝馬として繋養生活を送るシーズンを、迎えること、2015年の末の競走馬生活を終えて、2016年も、現役続行を宣言し、ヴィクトリアマイルで、連覇を達成させる偉業を成し遂げたことから、これ以上の現役続行は困難と判断され、5月15日・東京競馬場で行われた、第11回・ヴィクトリアマイル・Vを最後に現役引退を決めました。

引退式は、10月30日・天皇賞(秋)の日の最終レース後に、東京競馬場で行うことも決めました。
(第11回・ヴィクトリアマイルで、ストレイトガールの、3着に入賞した、ショウナンパンドラは、ストレイトガールより登録抹消日が前後して、今年の11月2日付で競走馬登録を抹消されました、こちらも、繁殖牝馬として繋養生活を送る予定ですが、ストレイトガールとは繋養先が違い、北海道・勇払郡・安平町・早来源武275番地のノーザンファームで繋養される予定となっている様で、ショウナンパンドラの第2世の誕生を期待したいと想い、願っております。)


10月30日・天皇賞(秋)の日の東京競馬場、31戦11勝の成績を残した、ストレイトガール(STARIGHT GIRL=イギリス語でまっすぐな少女という意味。)の引退式が、最終レース後に、行われ、7歳まで競争生活を送り、主戦騎手も、宮崎北斗・川田将雅・浜中俊・武幸四郎・岩田康誠・吉田隼人・田中勝春・戸崎圭太と、9回・乗り替わって出走し、G1・3勝の成績を残した、ストレイトガール(STARIGHT GIRL=イギリス語でまっすぐな少女という意味。)が、第11回・ヴィクトリアマイル(2016年5月15日)で、1分31秒15のレコードタイムで優勝、連覇を成し遂げた時のゼッケン番号・13番で登場、多くの競馬ファンから、別れを惜しんでいました。

STARIGHT GIRL「ブルルルルルルルル。」

STARIGHT GIRL「カポ、カポ、カポ、カポ。」

STARIGHT GIRL「カポ、カポ、カポ、カポ。」

ストレイトガール(STARIGHT GIRL)は、今年5月15日以来、久々の東京競馬場の芝馬場に入場しました、誘導馬・サクセスブロッケン・他・1頭の、計・2頭の誘導馬に付き添われて、芝馬場のコースに姿を現しました。

2011年8月21日・札幌競馬場で行われた、メイクデビュー・札幌でデビュー以来、牝・7歳まで競走馬生活を送った、ストレイトガール(STARIGHT GIRL)は、ネヴァーピリオドの2009として生まれて以来、7年間生きて来た名牝の1頭です。

STARIGHT GIRL「ムフ、ムフ。」

STARIGHT GIRL「ヒヒ~ン。」

STARIGHT GIRL「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

ストレイトガールは、大きい蹄で、走っていました。

STARIGHT GIRL「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

STARIGHT GIRL「パカッ。」

STARIGHT GIRL「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン。」

ストレイトガールは、大きい鼻声でいななきました。

STARIGHT GIRL「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

STARIGHT GIRL「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」


STARIGHT GIRL「パカッ。」

STARIGHT GIRL「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン。」

STARIGHT GIRL「ブルルルルルルルル。」

STARIGHT GIRL「カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。」

ストレイトガールは、大きい蹄で東京競馬場の芝馬場を走り、大きい叫びでいなないては、別れをしていました。

STARIGHT GIRL「ヒヒ~ン!」

ストレイトガールは、北海道・浦河郡・浦河の牧草を想い出しながら、大きい鼻声でいななく馬、それがストレイトガールです。

ストレイトガールとは、イギリス語でまっすぐな少女という意味です。

まっすぐにたちむかう少女のようにかわいがって、走りだしていく牝馬になってほしいという願いが込められている、鹿毛の牝馬のサラブレッド、それがストレイトガールです。

ストレイトガールも、引退後繫殖牝馬として新生活を送るとの事で、多くのファンから別れを惜しんでいました。

Staright Girlの名前があしらわれた、馬服を着せて、ストレイトガールは、歩めていました。


STARIGHT GIRL「ヒヒ~ン。」



ストレイトガールは、北海道・浦河郡・浦河町を想い出しながら、かわいい鼻声でいななきました。


その後、ストレイトガールは、口どり式という、記念撮影を行いました。

STARIGHT GIRL「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン。」

ストレイトガールは大きい鼻声でいななきながら、興奮気味で、立ち止まっていました。

夕闇が多くなるころ、イギリス語でまっすぐな少女という意味の、ストレイトガール(STARIGHT GIRL)の引退式は無事に終わりました。

ストレイトガールは東京競馬場の芝馬場を後に、出張厩舎に戻りました。

ファンから、「競走馬生活お疲れ様、ストレイトガール、どうか、お母さんになって、いい仔馬を産んで行ってください、お幸せに。」の声が、聞かれました。

イギリス語でまっすぐな少女という意味で、まっすぐな競走馬として、多くのレースでの場面に立ちむかう少女になってほしいという願いが込められている、かわいい牝馬のサラブレッド、ストレイトガールは、この後、馬運車で、千葉県・香取市の下河辺牧場・千葉分場に移動しました。

11月13日・ストレイトガール(STARIGHT GIRL=イギリス語でまっすぐな少女という意味。)の、競走馬登録抹消届が、栗東・藤原英昭厩舎から、日本中央競馬会・本部に出されました。

ストレイトガール(STARIGHT GIRL=イギリス語でまっすぐな少女という意味。)は、11月13日付で、競走馬登録を抹消され、長い競走馬生活に、終止符を打ちました。

11月下旬・下河辺牧場・千葉分場(千葉県・香取市)の厩舎に、競走馬を引退した、ストレイトガール(STARIGHT GIRL=イギリス語でまっすぐな少女という意味。)がいます。

北海道・浦河郡・浦河町の岡本牧場で生まれた、鹿毛の牝馬のサラブレッド、ストレイトガール(STARIGHT GIRL=イギリス語でまっすぐな少女という意味。)は、今後・繫殖牝馬として繋養生活を送る為、休養を兼ねて出国検疫検査を受けていました。

ストレイトガール(STARIGHT GIRL)は、当初・千葉県・香取市の、下河辺牧場にて繋養生活を送ることになっていましたが、イギリス・サフォーク州・ニューマーケット近郊の、ザ・ナショナルスタッドから、イギリス語でまっすぐな少女という意味の、ストレイトガール(STARIGHT GIRL)を、同・スタッドの新繋養繁殖牝馬として送ってほしいという要請のオファーが寄せられたので、結局・イギリス・サフォーク州・ニューマーケット近郊の、ザ・ナショナルスタッドで来年から繫殖牝馬として繋養生活を送ることが決まりました。

その為・下河辺牧場・千葉分場では、ストレイトガールの出国検疫検査を受けております。

STARIGHT GIRL「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン。」


ストレイトガールは、かわいい鼻声でいななき、叫びました。

STARIGHT GIRL「ニョロ、ニョロ、ニョロ。」

STARIGHT GIRL「バシャ~、ジャー。」

ストレイトガールは、大きいおしっこを出していました。


ストレイトガールは、北海道・浦河の夢を見ながら、過ごしていました。


ストレイトガールは、来年から、イギリス・サフォーク州・ニューマーケット近郊の、ザ・ナショナルスタッドで繁殖牝馬として繋養生活を送ることになっていて、初年度の配合種牡馬は、世界最強馬・フランケル(FRANKEL)になりそうで、2018年には待望の初年度産駒が生まれる予定になっており、2020年には、ストレイトガールの2018という血統名が与えられる予定の、ストレイトガールの初年度産駒は競走馬としてデビューすることになっているとのことです。

イギリス語でまっすぐな少女という意味の、ストレイトガール(STARIGHT GIRL)は、今年の12月には、馬運車で新東京国際空港(成田市)に移動し、ストールごと飛行機に乗せられ、同空港発の飛行機で、イギリス・サフォーク州・ニューマーケット近郊の、ザ・ナショナルスタッドにむけて出発と同時に、長く競争生活を送り、住んできた日本を後に渡航する。

2009年3月12日・ネヴァーピリオドの2009として、北海道・浦河郡・浦河町の岡本牧場で生まれた、イギリス語でまっすぐな少女という意味の、ストレイトガール(STARIGHT GIRL)は、今後・繁殖牝馬として、イギリスに渡航され、サフォーク州・ニューマーケット近郊の、ザ・ナショナルスタッドで新繋養生活を送るとの事で、ストレイトガールの繁殖牝馬としての新生活を期待したいと想い、願っております。

ストレイトガール、長い競走馬生活、ありがとう、どうか、お幸せに。


STARIGHT GIRL「ヒヒ~ン、ブルルルルルルルル、ブルルルルルルルル、フ~!」








0 件のコメント:

コメントを投稿