2016年8月15日月曜日

女傑・ウオッカ  アイルランドで生活を送る、牝・12歳の繁殖馬

(牝・12歳になった、今も、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーンスタッド・ギルタウンにて、繁殖牝馬生活を送る、 女傑・ウオッカ。)


VODKA「ヒュヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルル。」

VODKA「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

VODKA「パカッ。」

VODKA「ヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュ~ン。」




女傑・ウオッカは、すっぴんでかわいい鹿毛の馬、今年の4月4日(日本時間・4月5日)で、牝・12歳になった、伝説の少女です。

2010年4月1日(日本時間・4月2日)から、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーンスタッド・ギルタウンにて、繋養生活を送る、女傑・ウオッカも、それまでに5頭の仔馬を、生んできた、伝説の少女の馬です。

今年の、女傑・ウオッカの配合種牡馬は、2014年以来、久々の、世界最強馬・フランケルとの交配となり、受胎して成功、来年の春の出産にむけて、マタニティライフを送っております。

この間・4月4日(日本時間・4月5日)には、女傑・ウオッカは、牝・12歳の誕生日を、迎えました。

ここ数年、アガ・カーンスタッド・ギルタウンにて、繁殖牝馬生活を送っている、女傑・ウオッカは、いろいろな出来事に出くわしました、すっぴんでかわいい鹿毛の馬、女傑・ウオッカの、生産牧場・カントリー牧場の、48年の歴史に終止符を打ち、解散・閉鎖させたこと、母・タニノシスターの死去、妹・セレブリティの繁殖牝馬入りなど、女傑・ウオッカが繋養生活を送っている、アガ・カーンスタッド・ギルタウン(アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウン。)での繁殖牝馬生活にも慣れています。


20103月16日に、アガ・カーンスタッド・ギルタウンに、繁殖牝馬生活を送る為にやってきた、女傑・ウオッカが、競走馬時代に残した、戦績も22戦10勝(内・海外・4戦0勝)の、26戦10勝の成績を残したのです。

5月21日に、京都競馬場で行われた、女傑・ウオッカの3番仔で、VODKA2013が血統名であり、イギリス・サフォーク州・ニューマーケット近郊のジュモントファームで生まれた、唯ーの英国産逆輸入馬・タニノアーバンシーが、1着となり、女傑・ウオッカの産駒で、待望の初勝利を果たしたことは、記憶にも新しいところです。

牝・13歳になる、来年も、すっぴんでかわいい鹿毛の馬であり、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーン・スタッド・ギルタウンで、繁殖牝馬生活を送る、女傑・ウオッカ、北海道・静内郡(現・日高郡)・静内町(現・新ひだか町)の、カントリー牧場(2012年3月31日で、惜しくも閉鎖・解散された。)・生産の鹿毛のサラブレッドが、さらなる、いい仔馬を生んでくれるのか、期待したいと想い、願っております。

0 件のコメント:

コメントを投稿