2015年12月25日金曜日

BELIEVE=ビリーヴ アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・ミッドウエイの レーンズエンドファームで繁殖牝馬として、繋養生活を送る、女の子のサラブレッド。

BELIEVE=ビリーヴとは、イギリス語で信念という意味、サンデーサイレンスを父に、グレードクリスティーヌを母に持つ、かわいい鹿毛の女の子のサラブレッド、それが、ビリーヴ。


BELIEVE「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」



BELIEVE「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

BELIEVE「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

BELIEVE「パカッ。」

BELIEVE「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルル。」

アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・ミッドウエイ。

ここに、レーンズエンドファーム・オークリースタッドがあります。

2004年から、繁殖牝馬として、繋養生活を送っている、ビリーヴがいます。

信念という意味のイギリス語である、ビリーヴは、2003年に現役を引退するまで、競走馬として、中央競馬で送り、最優秀スプリントホースに選出されるなど、競争生活を送りました。

2003年11月20日・飛行機で、長い間、競走馬生活を送った、日本を後に、繁殖牝馬として送るため、アメリカ合衆国にわたりました。

ビリーヴは、長い道のりを走って、レーンズエンドファーム・オークリースタッドに到着しました。

2004年から、レーンズエンドファーム・オークリースタッドで、(株)ノースヒルズ(北海道・新冠郡・新冠町)の名義で、繁殖牝馬として繋養生活を開始し、それまでに、ファリダットをはじめ、多くの馬を出産し、輩出して来ました。

2013年のエリシェヴァ以降は、種付け配合の種牡馬がいないこともあり、休業状態になっております。

牝・18歳のビリーヴは、今日もレーンズエンドファーム・オークリースタッドの繁殖牝馬厩舎で、元気に過ごしていました。

BELIEVE「ブルルルルルルルルルル。」

BELIEVE「ザーザー。」

放牧場に来た、ビリーヴは、ケンタッキー州の空を見ながら、歩めていました。


BELIEVE「カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。」


BELIEVE「バシャ~~~~!」


ビリーヴは、大きいおしっこを出してやりました。


ビリーヴは、気持ちいいおしっこを出してやるのが、大好きな馬です。


BELIEVE「ウ~~~~!」

BELIEVE「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」


ビリーヴは、尻尾を上げて、大きいうんこを出してやりました。


ビリーヴは、大きくて、緑色の、臭いうんこを出してやるのが大好きな馬です。

ビリーヴは、アメリカ・ケンタッキー州の大地を見ながら、繋養を生活を、送っています。


今年・牝・17歳の大きな牝馬で、2004年からアメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・ミッドウエイの、レーンズエンドファーム・オークリースタッドで、繁殖牝馬として繋養生活中のBELIEVE=ビリーヴ、来年・牝18歳になろうとしている、ビリーヴ(信念・英)の、繁殖牝馬としてのさらなる活躍を、期待したいと想い、願っております。







HAT TRICK ハットトリック  GAINESWAY FARM 2015(2)

GAINESWAY FARM
2015年11月19日・アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイク。

牡・14歳の、HAT TRICK=ハットトリックは、ゲインズウェイファームにきて数年が過ぎました。

ハットトリックはサンデーサイレンスを父に、トリッキーコードを母に持つ、青鹿毛の、たくましい男馬です。


HAT TRICK「ムフ、ㇺフ、ムフ。」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルル!」

ハットトリックとは、イギリス語のサッカー用語で、1試合で1選手が、3得点以上を挙げることの意味です。

サンデーサイレンスを父に、トリッキーコードを母に持つ、青鹿毛の男馬、それが、ハットトリックです。

ハットトリックは、2007年に、種牡馬としてスタッドインするため、アメリカ合衆国に輸入され、2008年から、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクの、ウォルマックファームを拠点に、オーストラリア・アルゼンチンなどで、シャトル種牡馬として繋養生活を送って来ました。

現在の繋養先・GAINESWAY FARM(ゲインズウェイファーム)には、2011年11月にやってきて、2012~2013年の種牡馬シーズンから、ハットトリックは、繋養生活を送っています。

2015年12月19日・HAT TRICK=ハットトリックの仔の1頭で、最新鋭産駒の1頭・HAT PLAY=ハットプレイが、阪神競馬場で行われた、サラ系2歳新馬戦(メイクデビュー・阪神)に出走し、惜しくも敗れはしましたが、無事に、デビューしました。

ライオンレースホース(株)の所有馬で、栗東・森田直行厩舎という新規開業厩舎に所属する、HAT PLAY=ハットプレイと命名された、この馬は、2013年にアメリカ・ケンタッキー州の牧場で、HIDAKA FARMの名義により生産されており、母が、ソレイユレディーで、ソレイユレディーの2013が血統名になっております。

2015年には、初来日し、ジュウジデイファームにて育成されたとのことです。

その後サンダンスFE名張に移動して、育成され、11月19日に新規馬名登録されました。

当初・12月6日のメイクデビュー中京(中京競馬場)でのデビューを予定していた、HAT PLAY)=ハットプレイでしたが、ピリッとせず、見合わせたので、ようやく、阪神競馬場で行われた、メイクデビュー阪神でデビューを果たしました。

毛色は、父・ハットトリック譲りの青鹿毛の男馬で、今後の活躍を期待したいと想い、願っております。

2015年~2016年の種牡馬シーズンも、半分が終わったが、ハットトリックは、2016~2017年の種牡馬シーズンでも大きな活躍を期待している馬です。

明け、牡・15歳の来年、ハットトリックは、2001年の4月26日に、北海道・勇払郡・追分町の追分ファームで、トリッキーコードの2001として生まれてから、15周年という、記念すべき年を迎えようとしており、その年から、2017年の種牡馬シーズンでも、さらなる活躍を期待したいと想い願う馬、それが、ハットトリックです。

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルル。」

2015年12月21日月曜日

ジェンティルドンナ 引退から1年。

2014年12月28日。


1頭の、女の子のサラブレッドが、中山競馬場で引退式に臨んだのです。

イタリア語で、貴婦人という意味の、ジェンティルドンナ(Gentil Donna)、ディープインパクトと、ドナブリーニの仔として、生産された、19戦10勝を挙げ、2012年・2014年の年度代表馬・最優秀4歳上牝馬にも選出された、牝・5歳(当時)の女の子のサラブレッドです。


ハッピーエンドカップ・終了後の、中山競馬場で行われた、ジェンティルドンナの引退式には、馬主の、サンデーレーシングの他、管理調教師の、石坂 正氏などの関係者が参列しました。

ジェンティルドンナが登場すると、ジェンティルドンナは、蹄を鳴らしては、馬場を歩めていましした。

ドバイワールドカップ・ミーティング・シーマクラシック 2014 優勝馬になったときの姿で登場した、ジェンティルドンナは、しりっぱねをしたりする姿も見られましたが、多くの競馬ファンから、別れを惜しんでいました。

ジェンティルドンナに、首飾りの花輪が贈呈されかけられました。

最後は、口取り式を行って、ジェンティルドンナの引退式を終えました。

イタリア語で貴婦人という意味であり、貴婦人のように大きく活躍してほしいという願いが込められている、鹿毛の女の子のサラブレッド・ジェンティルドンナは、この年の12月28日付で、競走馬登録を抹消され、長い競走馬生活に終止符を打ちました。


あれから、1年を迎えます。

2015年・牝6歳の、鹿毛の牝馬になった、ジェンティルドンナは、この年の、3月から、北海道・勇払郡・安平町・早来源武275番地の、ノーザンファームで、母・ジェンティルドンナとなり、繁殖牝馬として、繋養生活を送っており、すでにキングカメハメハとの間に種付け交配を済ませ、受胎して成功しており、来年の2月4日には、待望の初年度産駒が生まれるとのことで、うまく育成されれば、2018年には、競走馬デビューする予定になっている様で、母・ジェンティルドンナとしての、新たな生活を始めた、ジェンティルドンナのさらなる活躍を期待したいと想い、願っております。