2015年9月26日土曜日

HAT TRICK Gainesway Farm 2015

(大きい、ケンタッキーの牧草をけっていく、ハットトリック)

ハットトリックは、サンデーサイレンスと、トリッキーコードの仔、青鹿毛で、たくましい体を持つ、男の子の馬、それが、ハットトリックです。

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュ~ン!」

HAT TRICK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

HAT TRICK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

HAT TRICK「パカッ。」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルルル。」

2015年9月 Gainesway Farm(ゲインズウェイファーム)。

Gainesway Farm(ゲインズウェイファーム)の、種牡馬厩舎にいる、HAT  TRICK(ハットトリック)も、牡・14歳。

サンデーサイレンスと、トリッキーコードの仔であり、2015年4月26日(日本時間・4月27日)で、牡・14歳の誕生日を迎えた、ハットトリック。

ケンタッキー州の大地をけりながら、走っていく、大きくてたくましい青鹿毛のサラブレッド、それが、ハットトリックです。

HAT TRICK「ブルルルルルルルルル。」

HAT TRICK「カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。」

HAT TRICK「ブルルルルル。」

ハットトリックは、ケンタッキーの、青い牧草を、モグモグと食んでいました。

HAT TRICK「フ―――!」

HAT TRICK「ウ――――!」

HAT TRICK「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

ハットトリックは、緑色のうんこを、おとしていました。

ハットトリックは、大きくて緑色のうんこをおとしていました。

HAT TRICK「ㇺフ、ㇺフ。」

HAT TRICK「ブルルルルルルルルル、ブルルルルルルルルル。」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュ~ン。」

ハットトリックは、大きい雄たけびで、いななきました。

HAT TRICK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

ハットトリックは、大きい蹄で、ケンタッキーの牧草を走っていました。

HAT TRICK「パカ、パカ、パカ、パカ、パカ、パカ、パカ。」

HAT TRICK「パカ。」


HAT TRICK「ブルルルルルルルルル、ブルルルルルルルルル。」

ハットトリックは、大きい鼻息を鳴らしてやりました。

ハットトリックは、生まれ故郷、北海道を想いだしながら、青鹿毛の顔をふりむいてやる馬です。

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

ハットトリックは、生まれ故郷、北海道を想いだしながら、大きい雄たけびでいなないてやりました。

HAT TRICK「ニョロ、ニョロ、ニョロ。」

HAT TRICK「バシャーーーーーーーッ!」

ハットトリックは、大きく、気持ちいいおしっこを出してやりました。

ハットトリックは、雄大な北海道の大地に育まれたのか、いいおしっこを出してやる馬です。

ハットトリックとは、イギリス語のサッカー用語で、1試合で1選手が3得点以上を上げることの意味です。

大きくて、たくましく、牧草を走り食んで、気持ちいい緑色のおしっことうんこを出してやりながら、大きく成長して走ってほしいという願いが込められている、サンデーサイレンスと、トリッキーコードの仔の、青鹿毛のサラブレッド、それがハットトリックです。

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルルル。」

(その2へ)

2015年9月24日木曜日

HAT TRICK(ハットトリック Gainesway Farm(ゲインズウェイファームで繋養生活を送る、青鹿毛の馬。

Gainesway Farm(ゲインズウェイファーム)で、種牡馬として、繋養生活を送る、HAT TRICK(ハットトリック)。

アメリカ合衆国・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイク。

イギリス語で、1試合で1選手が、3得点以上を上げることの意味(サッカー用語)であり、2008年から種牡馬として繋養生活を送る、HAT TRICK(ハットトリック)は、サンデーサイレンスとトリッキーコードの子です。

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルルル。」

HAT TRICK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

HAT TRICK「パカッ。」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルルル。」


サンデーサイレンスとトリッキーコードの仔、HAT TRICK(ハットトリック)は、2007年6月・アメリカ合衆国に、種牡馬として輸入され、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)を拠点として、オーストラリア・インディペンデントスタリオンズ・アルゼンチン エルマリン牧場などで、シャトル種牡馬として、繋養生活を送っていました。

その後・2011年11月上旬、牡・10歳の牡馬になった、HAT TRICK(ハットトリック)は、同じ、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、お隣のゲインズウェイファームに売却されました。

Gainesway Farm(ゲインズウェイファーム)には、2012年~2013年のシーズンから、繋養生活を送っていて、現在も、種牡馬として、生活を送っている、HAT TRICK(ハットトリック)は、現役時代・中央競馬で、21戦8勝の成績を残した、青鹿毛馬でした。


14歳の現在も、種牡馬として、アメリカ合衆国・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、Gainesway Farm(ゲインズウェイファーム)で繋養生活を送る、HAT TRICK(ハットトリック)は、現在までに、多くの産駒を輩出されていて、日本にも、毎年1~2頭のペースで、ハットトリックの産駒が、輸入されております。

今年の4月26日(日本時間・4月27日)で、牡・14歳の誕生日を迎えた、ハットトリック。

来年は牡・15歳という、記念すべき年を迎えようとしており、その時にも、種牡馬として、活躍できるのか、期待したいと想い、願っております。

GAINESWAY FARM





2015年9月20日日曜日

BELIEVE ビリーヴ アメリカ合衆国・ケンタッキー州 レーンズエンドファーム・オークリースタッドで、繁殖牝馬として送る、女の子の馬。

イギリス語で、信念を意味する、ビリーヴ、今年の4月26日(日本時間・4月27日)で、牝・17歳になった、生粋のスプリントホースで、2004年からは、アメリカ合衆国・ケンタッキー州・レキシントン近郊・MIDWAY(ミッドウエイ)の、レーンズエンドファーム・オークリースタッドで、ノースヒルズの名義により、繁殖牝馬生活を送っている、女の子の馬です。

北海道・むかわ町の、上水牧場で生産された、ビリーヴは、父が、2002年に惜しくも亡くなった、サンデーサイレンスで、母・グレートクリスティーヌという、血統であり、1998年に生まれた、良血馬です。

現役時代・前田幸治氏の所有馬として、栗東トレーニングセンター・松元茂樹厩舎に預託された、ビリーヴは、28戦10勝(内・国内・27戦10勝 海外・1戦0勝)の成績を残しております。

2004年・母 グレートクリスティーヌの故郷・アメリカ合衆国へ繁殖牝馬として輸入された、ビリーヴは、ケンタッキー州・レキシントン近郊・MIDWAY(ミッドウエイ)にある、レーンズエンドファーム・オークリースタッドで、繁殖牝馬として繋養生活を開始し、現在も活躍しております。

既に、現役を引退した、ファリダットを始め、多くの産駒を輩出しており、2013年に生まれた、エリシェヴァが最新鋭産駒であり、デビューにむけて入厩しましたが、成長放牧に出されており、今後のデビューを視野に入れた調整をして行くとの事です。

ビリーヴも、配合種牡馬がいない今年、繁殖牝馬としは、休業状態になっている、牝・17歳の、サンデーサイレンスとグレートクリスティーヌの仔で、来年・牝・18歳になる、BELIVE=ビリーヴ、今後共、繁殖牝馬としてさらなる活躍を、期待したいと想い、願っております。