2015年8月22日土曜日

ジェンティルドンナ 繁殖牝馬となり、キングカメハメハの仔を受胎する。(2)

 
ジェンティルドンナは、ノーザンファームの繁殖牝馬厩舎に暮らし、元気よく、過ごしております。
 
ジェンティルドンナ「ブルルルルルルルルル、ブルルルルルルルルル。」
 
イタリア語で貴婦人という意味で、貴婦人のように大きく活躍する馬になってほしいという願いが込められている、鹿毛のサラブレッド・ジェンティルドンナ。
 
ディープインパクトを父に、ドナブリーニを母に持つ、美しい鹿毛のサラブレッド、ジェンティルドンナは、ドバイ・シーマクラシックなど、数多くの重賞競走を制覇するなどの活躍を手土産に、同ファームで、繁殖牝馬として、繋養生活を開始したばかりの、鹿毛のサラブレッドです。
 
ジェンティルドンナ「ブルルルルルルルルル、ブルルルルルルルルル。」
 
餌が来ると、大きくいななきました。
 
ジェンティルドンナ「ヒュヒュヒュヒュ~ン。」
 
ジェンティルドンナ「モグ、モグ、モグ。」
 
ジェンティルドンナは、おおきい餌を、はんでいました。
 
 
ジェンティルドンナ「ブルルルルルルルルル。」
 
ジェンティルドンナ「ウ―――!」
 
ジェンティルドンナ「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」
 
ジェンティルドンナは、大きくて緑色のうんこを出してやりました。
 
ジェンティルドンナは、緑色のうんこを出してやりながら、大きく成長して行く馬です。
 
放牧場に出された、ジェンティルドンナ。
 
ジェンティルドンナは、大きくたくましく育った、いい脚で走ってやりました。
 
 
ジェンティルドンナ「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」
 
ジェンティルドンナは、美しい鬣を揺らしながら、北海道の大地を見つめていました。
 
ジェンティルドンナ「ブルルルルルルルルル、ブルルルルルルルルル。」
 
3月・ジェンティルドンナは、いよいよ、種付交配のシーズンに入りました、貴婦人のように大きく活躍する馬になってほしいという願いが込められている、ジェンティルドンナは、初めての、種付交配に挑みました。
 
初年度の配合種牡馬は、日本ダービーを制覇した馬でもある、キングカメハメハという、金子真人ホールディングス(株)の所有になる男馬で、初めての経験になりました。
 
ジェンティルドンナの上に、キングカメハメハがのしかかり、カプーとかんだりすると、ジェンティルドンナは、大きいいななきで、答えていました。
 
ジェンティルドンナ「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュ~ン。」
 
ジェンティルドンナは、初年度配合種牡馬・キングカメハメハの種付交配を、無事に終えました。
 
イタリア語で貴婦人という意味であり、貴婦人のように大きく活躍する馬になってほしいという願いが込められている馬であって、ディープインパクトを父に、ドナブリーニを母に持つ、鹿毛の牝馬のサラブレッド、ジェンティルドンナ。
 
キングカメハメハの仔を授かり、無事に受胎した、ジェンティルドンナは、来年の春には、初年度産駒を出産する様で、母・ジェンティルドンナとしての、新たな活躍を期待していて、うまく成長すれば、2018年には、ジェンティルドンナの初年度産駒は、競走馬としてデビューするとの事であり、母・ジェンティルドンナという、繁殖牝馬となった、ジェンティルドンナの、新たな活躍を期待したいと想い、願っております。
 
ジェンティルドンナとは、イタリア語で貴婦人という意味、貴婦人のように大きく活躍する馬になってほしいという願いが込められている、ディープインパクトとドナブリーの仔である、鹿毛の牝馬のサラブレッド、それが、ジェンティルドンナです。
 
 
ジェンティルドンナ「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルルル。」
 
 
 
(終)

ジェンティルドンナ 繁殖牝馬となり、キングカメハメハの仔を受胎する。

ジェンティルドンナとは、イタリア語で貴婦人という意味、貴婦人のように大きく活躍する馬になってほしいという願いが込められている、ディープインパクトと、ドナブリーニの仔、それがジェンティルドンナです。

ジェンティルドンナ「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルル。」

2015年・ノーザンファーム。

イタリア語で貴婦人という意味であり、貴婦人のように大きく活躍する馬になってほしいという願いが込めらている、鹿毛の女の子のサラブレッドで、ジェンティーの愛称でも知られる、ジェンティルドンナは、この年から、同ファームで、繁殖牝馬として繋養生活を開始しました。

2014年12月28日に中山競馬場で行われた、引退式後、ノーザンファーム・天栄に移動して休養をしていた、ジェンティルドンナは、同ファーム・天栄を後に、馬運車でノーザンファームに移動しました。

途中・青森~函館間は、フェリーでの移動となり、函館港入港後は、国道などを走り、1月5日・繋養先のノーザンファームに到着しました。

馬運車を降りた、ジェンティルドンナは、大きく脚を歩いては、繁殖牝馬厩舎に移動していました。

ジェンティルドンナ「カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。」

ジェンティルドンナ「ヒュヒュヒュヒュ~ン。」

ジェンティルドンナは、大きいいななきで、故郷の空に鳴らしておりました。

繁殖牝馬厩舎の馬房に入った、ジェンティルドンナは、これから、繁殖牝馬としての生活を過ごすことになります。

ジェンティルドンナ「ブルルルルルルル。」

放牧場に、移動した、ジェンティルドンナは、手綱を 外しては、走っていきました。


ジェンティルドンナ「ヒュヒュヒュヒュ~ン。」

ジェンティルドンナ「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

ジェンティルドンナ「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

ジェンティルドンナ「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

ジェンティルドンナは、大きい脚で、大地をけっていました。

ジェンティルドンナ「パカッ。」

ジェンティルドンナ「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュ~ン。」

ジェンティルドンナは、大きいいななきを鳴らしてやりました。

ジェンティルドンナ「ブルルルルルルルルル、ブルルルルルルル。」

ジェンティルドンナ「ウ――――――!」

ジェンティルドンナ「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

ジェンティルドンナは、大きい緑色のうんこを落としていました。

ジェンティルドンナ「ニョロ、ニョロ、ニョロ。」

ジェンティルドンナ「バッシャ――――!」

ジェンティルドンナは、大きいおしっこをだしてやりました。

ジェンティルドンナは、雄大な北海道の牧草に戻り、たくましく育つ、鹿毛のサラブレッド、それがジェンティルドンナです。

ジェンティルドンナ「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルルル。」

2015年8月17日月曜日

ハットトリック 14歳の男馬。

(ゲインズウェイファームで、種牡馬として繋養生活を送る、ハットトリック。)

アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイク。

ここに、競走馬生産牧場・Gainesway Farm(ゲインズウェイ ファーム)があり、ここには2012年の種牡馬シーズンから、サンデーサイレンスとトリッキーコードの仔、HAT TRICK(ハットトリック)がいます。

HAT TRICK「ブルルルルルルルルルルルルルルル。」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

HAT TRICK「ブルルルルルルル。」

2001年4月26日・北海道・勇払郡・追分町の、追分ファームの生産になる、日本産馬である、ハットトリックは、現役時代・21戦8勝の成績を残し、最優秀短距離馬にも選出された、青鹿毛の馬でした。

ハットトリックは、2007年・牡・6歳の時、アメリカ合衆国に種牡馬として輸入され、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、Walmac Farm(ウォルマックファーム)を拠点に、オーストラリア・インディペンデントスタリオンズ・アルゼンチン・エルマリン牧場に、
シャトル種牡馬として繋養生活を送る馬になりました。

2011年11月中旬・牡・10歳になったハットトリックは、同じ、アメリカ合衆国・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、有力牧場の1つである、お隣のGainesway Farm(ゲインズウエイファーム)に移動し、2012年~2013年の種牡馬シーズンから繋養生活を送っていて、現在も活躍しております。

HAT TRICK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュ~ン」

ハットトリックは、大きい雄たけびを鳴らしました。

HAT TRICK「ゥ―――――!」

HAT TRICK「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。ボト、ボト。」

ハットトリックは、大きい緑色のうんこを落としていました。

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュ~ン。」

HAT TRICK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

HAT TRICK「パカッ。」

HAT TRICK「ザザー。」

HAT TRICK「バシャ―――――!」

大きいおしっこを出しては、体を整えていた、ハットトリックは、カポ、カポと鳴らしては、種牡馬厩舎に戻していました。




8月13日、ハットトリックは、悲しい知らせに接していました。

2年先輩種牡馬の、マンハッタンカフェが、腹腔内腫瘍の為、死んでいたのです。

同じサンデーサイレンスの後継種牡馬で、先輩馬のマンハッタンカフェ(マンカフェ)の死亡は、ハットトリックにとって、衝撃が走ったのです。

トリッキーコードの仔である、ハットトリックも、少し種牡馬としてでも、見習って、種付にいそしんで行こうと想い、願っていました。


イギリス語のサッカー用語で、1試合で1選手が3得点以上を上げることの意味であり、今年・牡・14歳の、ハットトリックも、来年は、牡・15歳という、記念すべき年を迎えるとの事で、その時にも、種牡馬として、さらなる活躍を期待したいと想い、願っております。