ブログ アーカイブ

2015年6月15日月曜日

伝説の少女 女傑・ウオッカ 11歳の繁殖牝馬。

ウオッカは、タニノギムレットとタニノシスターの仔、すっぴんでかわいい鹿毛の馬、鹿毛のかわいい伝説の少女の馬、それが、女傑・ウオッカ。

VODKA「ヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルル。」

2015年・アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウン。

ここに、アガ・カーンスタッド・ギルタウンがあり、繁殖牝馬厩舎には、2010年4月1日(日本時間・4月2日)から、女傑・ウオッカが、繁殖牝馬として繫養されています。

VODKA「ブルルルルルルルル、ブルルルルルルルル。」

VODKA「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

ウオッカは、大きくいななきました。

ウオッカが、アガ・カーンスタッド・ギルタウンに来たのは、2010年のことで、この時、ドバイから、イギリスを経由して、アイルランドに来たのです。

通算成績26戦10勝の成績を残しており、2006年の最優秀2歳牝馬を総なめにしたほか、、2008・2009年の年度代表馬にも2度輝いた、女傑・ウオッカ、2010年3月・ドバイメイダン競馬場で行われた、ドバイワールドカップ・マクトゥームチャレンジ・ラウンド3(8着)を最後に、現役を引退、繁殖牝馬にあげたのです。

2011年に第1仔を出産して以来、すでにVODKA2012(ケースバイケース)・  VODKA2013(タニノアーバンシー)の3頭を出産した、女傑・ウオッカ、昨年は、世界最強馬・フランケルの間にも、種付を行い、受胎して成功、今年の2月に、VODKA2015を出産しました。

4月4日(日本時間・4月5日)、女傑・ウオッカは、牝・11歳の誕生日を迎えました。

4月15日(日本時間・4月16日)・放牧場に放たれた、女傑・ウオッカは、次の種付け交配に備えて、放牧しておりました。

VODKA「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

VODKA「パカッ。」

VODKA「ヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュ~ン。」


ウオッカは、大きいいななきを鳴らしてやりました。

伝説の少女、女傑・ウオッカが生んだ産駒も、VODKA2012が、すでに、ケースバイケース(CASE BY CASE)の競争名で現役で活躍中であり、VODKA2013も、タニノアーバンシー(Tanino Urbansea)に馬名が決まり、すでに北海道・浦河町の、吉澤ステーブルに移動し、育成後、産地馬体検査を受検、同時に預託契約を交わしており、ゲート試験にも合格し、競走馬としてデビューを待ち望んでいます、所属も、栗東トレーニングセンターで、女傑・ウオッカが、現役時代にお世話になった、角居勝彦厩舎に決まっていて、入厩しております。

来年の秋には、世界最強馬・フランケルを父に持つ、黒鹿毛の牡馬・VODKA2015が、オランダ・アムステルダム・スキポール空港経由で、日本に逆輸入馬として登場する予定で、現在・アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーンスタッド・ギルタウンで幼年生活を送っております。

伝説の少女、女傑・ウオッカの今年の配合種牡馬は、インヴィシヴルスピリットになりそうで、来年の春にはVODKA2016として出産することになっており、女傑・ウオッカの繁殖牝馬生活は、これからも続きそうで、伝説の少女・ウオッカの繁殖牝馬としての生活全うを期待したいと想い、願っております。


2015年6月5日金曜日

UTOPIA=ユートピア(ユーティー) 15歳に成長し栗毛の馬で、本年からトルコで新生活を送る、 サラブレッド。(2)

WEST POINT THOROBREDSに引き取られた、ウルティメイトエンパイア(究極の帝国・英)など多くの産駒を残して、アメリカを離れた、ユートピア(UTOPIA=理想郷・英 愛称・ユーティー)は、9月下旬・トルコのイスタンブール空港に着陸、馬運車に乗せ換えて、長い道を走り、遂に、新繋養先のカラカベイ・ナショナルスタッドの種牡馬厩舎に到着。

ユートピアは、着地検査を受けました。



2015年・牡・15歳になった、ユートピアは、新年から、トルコ繋養種牡馬としての繋養生活を開始しました。

UTOPIA「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

アメリカ・マクマホン・サラトガ・サラブレッズにて繋養されてきたこともあって、慣れておりますが、トルコの放牧場での生活は、UTOPIA=ユートピアにとって、初めての経験です。

ユートピアは、9月下旬まで、トルコへの飛行機輸送疲れのためが、休養をとるなどとして過ごしておりました。

3月1日・ユートピア(ユーティー)の、15回目の誕生日を迎えました。

昨年までは、アメリカ・ニューヨーク州・サラトガスプリングス・パリスの、マクマホン・サラトガ・サラブレッズにて行ってきた、ユートピアの誕生日祝いでしたが、昨年の6月、ユートピア(ユーティー)は、トルコのエージェントに売却され、9月中旬には、長く繋養生活を送った、アメリカを後に飛行機でトルコへ移動したので、今回・15回目 ノーザンファームにて、ドリームビジョンの2000として生まれてから、15周年という記念すべき年の、誕生日にして、初めて、新繋養先の、カラカベイ・ナショナルスタッドにて、トルコのエージェントに売却後、初めての、誕生日祝いをすることになったのです。

カラカベイ・ナショナルスタッドのスタッフが、ユートピア、15歳の誕生日、おめでとうというと、ユートピアは、大きいいななきで、喜んでいました。

UTOPIA「ヒュヒュヒュヒュヒュヒュ~ン!」

UTOPIA「ブルルルルルルルル。」

ユートピアは、大きい鼻息で鳴らしました。

2006年まで日本で31線8勝の成績で競走馬生活を送り、2007年にチーム・ゴドルフィンに移籍後、サイード・ビンスルール厩舎所属の競走馬として、3戦1勝の成績をアメリカで過ごした、ユートピア、2008年から2014年8月までの間、アメリカ・ニューヨーク州・サラトガスプリングスパリスの、マクマホン・サラトガ・サラブレッズで、種牡馬として長く繋養生活を送った、ユートピアは、2014年6月・牡14歳の時、トルコのエージェントに売却され、9月中旬には、カラカベイ・ナショナルスタッドに飛行機で移動してきた栗毛の馬です。

マクマホン・サラトガ・サラブレッズで繋養生活を始めた時、サリーズドリーム・サロピア・フォーエヴァーユートピア・ミスタートピア・ウルティメイトエンパイアなど、多くの産駒を輩出しました。

昨年・トルコのエージェントに売却後、マクマホン・サラトガ・サラブレッズで種付けた、ユートピアは、数頭に及びましたが、5000ドルと、繋養開始時の7500ドルに比べて、ユートピアの種付け料は落ち込んでいました。

9月下旬に、カラカベイ・ナショナルスタッドに到着した時は、種牡馬としての貫録を見せたユートピアも飛行機での輸送に疲れもあり、休ませたほどでした。

現役時代・中央競馬・米国競馬を通じて、34戦9勝の成績を残した、ユートピア(ユーティー)も、今回のトルコでの新繋養生活で、さらなる産駒を輩出して行くのか、今後の課題に期待したいと想い、願っております。

2015年6月、カラカベイ・ナショナルスタッド。

昨年・トルコのエージェントに売却してから、1年が過ぎようとしている、ユートピア(ユーティー)。

2008年に、アメリカ・ニューヨーク州・サラトガスプリングスパリスの、マクマホン・サラトガ・サラブレッズで種牡馬としてスタッドインし、2014年にトルコのエージェントへ売却され、今年からカラカベイ・ナショナルスタッドで新生活を始めた、ユートピア。

カラカベイ・ナショナルスタッドの放牧場に、ユートピア(ユーティー)が、放牧生活を過ごしています。

UTOPIA「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

UTOPIA「パカッ。」

UTOPIA「ブルルルルルル。」

UTOPIA「ヒュヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

理想郷という意味の、ユートピアは、トルコの大地を、いななきで、鳴らしていました。

UTOPIA「ウーーーー。」

UTOPIA「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

ユートピアは、大きい緑色のうんこを落としてやりました。

さすが、ユートピア、ユーティーです。

ユートピアとは、イギリス語で理想郷という意味、大きくてたくましい大人の栗毛馬になってほしいという、願いが込めらた馬であり、今年から、トルコのカラカベイ・ナショナルスタッドで新生活を送る、栗毛のサラブレッド、ユートピアは、ユーティーの愛称が示す通り、2016年にはトルコでの初産駒が生まれ、2018年には、トルコでの初産駒が競走馬デビューするとの事で、トルコでの新生活を始めた、ユートピア(ユーティー)の、今後の活躍を期待したいと想い、願っております。


UTOPIA=ユートピア ユーティー 15歳に成長した栗毛の馬で、本年からトルコで新生活を送る、サラブレッド。

(Mcmahon Saratoga Thoroughbreds(マクマホン・サラトガ・サラブレッズ)での、2014年のスタリオンショーに出た時の、UTOPIA=ユートピア)

ユートピアとは、イギリス語で理想郷という意味、大きくてたくましく、赤い栗毛の男馬になり、理想郷のようにかわいがって欲しいという願いが込められた、栗毛のサラブレッド、フォーティーナイナーと、ドリームビジョンの仔、それが、UTOPIA=ユートピア、ユーティーです。


UTOPIA「ヒュヒュヒュ~ン。」

UTOPIA「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」


UTOPIA「パカッ。」


UTOPIA「ヒュヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルル。」

エリザベス・マクマホン「UTOPIA」

UTOPIA「ヒュヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

エリザベス・マクマホン「UTOPIA、MEDOWVIEW IS,RUN PRISE!」


UTOPIA「ヒュヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

UTOPIA「カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。」

UTOPIA「カポ。」

UTOPIA「ヒュヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルル。」

UTOPIA「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

UTOPIA「パカッ。」

UTOPIA「ブルルルルルルルル。」

2014年6月。Mcmahon Saratoga Thoroughbreds。

マクマホン・サラトガ・サラブレッズで2008年から、繋養生活を送って来た、栗毛の男馬・UTOPIA=ユートピア (ユーティー)が、トルコのエージェントに売却され、2014年の9月中旬にはアメリカを去ることが明らかになりました。

2015年~2016年の種牡馬シーズンから、カラカベイ・ナショナルスタッドにて、ユートピア(ユーティー)は、新繋養生活を送ることが判明しました。

ユートピア(ユーティー)は、2008年のスタッドイン当時は、7500ドルでしたが、昨年は5000ドルに種付け料が落ち込んでいました。

そこへ、トルコのカラカベイ・ナショナルスタッドで繋養生活を送っていた、デヴァインライトが死去したことを受けて、フォーティーナイナーと、ドリームビジョンの仔である、イギリス語で理想郷という意味の、UTOPIA=ユートピア(ユーティー)に白羽の矢が立つことになり、トルコのエージェントが、マクマホン・サラトガ・サラブレッズに対し、ユートピアを、カラカベイ・ナショナルスタッドの新繋養馬として送ってほしいという、オファーをだし、購入を申し込みました。

それに対し、マクマホン・サラトガ・サラブレッズも、2008年から種牡馬としてスタッドインしてきた、ユートピアを手放すことにしました。

一時期・マクドネル・モット・ランチ・オブ・テキサスに移動し、テキサス州繋養馬としては唯一の日本産馬として繋養生活を送って来たこともある、ユートピア(ユーティー)のトルコへの売却は、NY州のブリーダーにとって、大きな衝撃を受けました。

ユートピア(ユーティー)のマクマホン・サラトガ・サラブレッズでのスタリオンショーは、2014年の3月が最後の出場となしました。

いよいよ、2008年~2009年の種牡馬シーズンから、スタッドインして以来、長く繋養されて来た、ユートピア(ユーティー)が、マクマホン・サラトガ・サラブレッズを去る日が来ました。

種牡馬厩舎には、馬運車が到着し、2007年12月27日に来て以来、長く繋養生活を送った、ユートピア(ユーティー)が、馬運車に乗り込みました。
フォーティーナイナーと、ドリームビジョンの仔・ユートピアは、9月上旬、2007年12月27に来て以来、長く繋養生活を送った、マクマホン・サラトガ・サラブレッズを後に、ケンタッキー州・レキシントンのエルメンドルフファームにむかい、二度と戻ることにない、ニューヨーク州・サラトガスプリングスパリスを後にしました。

ユートピアは、出国検疫検査の為、ケンタッキー州・レキシントンのエルメンドルフファームに到着し、ここで検疫期間を受けました。

出国検疫検査を終えた、ユートピア(ユーティー)は、馬運車で、ブルーグラス空港に移動し、飛行機にストールごと積み込まれました。

飛行機にストールごと積み込まれた、フォーティーナイナーと、ドリームビジョンの仔・UTOPIA=ユートピア(ユーティー)は、ブルーグラス空港を離陸と共に、2007年競走馬として来て以来、長く過ごした、アメリカを後にトルコへ渡航しました。

(その2へ)

2015年6月4日木曜日

マイラーチャンピオンホース・ハットトリック・牡・14歳の現在も、海外繋養種牡馬として活躍する、青鹿毛のサラブレッド(3)

2015年4月26日(日本時間・4月27日)

ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクの、ゲインズウェイファームで、マイラーチャンピオンホース・ハットトリックの、14回目のバースデーが行われたのです。

14年前の2001年4月26日・北海道・勇払郡・追分町(現・安平町)の、追分ファームで、サンデーサイレンスと、トリッキーコードの仔として、トリッキーコードの2001として生まれた、ハットトリック、1選手が1試合で3得点以上を挙げることの意味の、サッカー用語から命名された、ハットトリックも、アメリカには、牡・6歳の時の2007年・シャトル種牡馬としてスタッドインする為、日本から飛行機で渡航されて輸入されて来ました。

2008年から2011年までの4年間は、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)を拠点に、シャトル種牡馬として、オーストラリア・インディペンデントスタリオンズ・アルゼンチン・エルマリン牧場などで繋養種牡馬として活躍する、一方で日本にも、毎年・1~2頭のペースで産駒馬が輸入されています。

マイラーチャンピオンホース・ハットトリックは、2011年・10歳の時に、現在の繋養先であります、Gainesway Farm(ゲインズウェイファーム)に移動し、2012年から新繋養馬として繋養を送っており、現在も活躍中です。

Gainesway Farm(ゲインズウェイファーム)の、種牡馬厩舎には、牡・14歳の、ハットトリックがいまして、スタッフからお誕生日のお祝いの歌を歌っては、14歳のサンデーサイレンスの後継産駒である、ハットトリックを祝っていました。

初年度産駒の1頭で、2014年からドイツのカルツフォフ牧場で、種牡馬として新生活を送る、ダビルシム(母・ルモレード)など多くの代表産駒を輩出しており、今後・マイラーチャンピオンホース・ハットトリックは、今後・更なる大物産駒の出現を期待したいと願っている所です。

ゲインズウェイファームの種牡馬厩舎にいる、ハットトリックが、放牧場から戻ってきたのです。

HAT TRICK「カポ、カポ、カポ、カポ。」

HAT TRICK「ブルルルルルル。」

餌が運ばれてくると、ハットトリックなどの、ゲインズウェイファームで繋養生活送っている、多くの種牡馬たちが、いなないては、餌をはんでいました。

HAT TRICK「ヒュヒュヒュ~ン。」

HAT TRICK「ブルルルルルル。」

HAT TRICK「モグ、モグ、モグ、モグ、モグ。」

HAT TRICK「ウーーーー!」

HAT TRICK「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

ハットトリックは、大きいうんこを出していました。

HAT TRICK「ブルルルルルルルルルルル。」

HAT TRICK「ゴロン。」

ハットトリックは、大きく眠りについたのです。

HAT TRICK「フーーー、フーーーー、フーーー!」

翌朝の、Gainesway Farm(ゲインズウェイファーム)の放牧場に、ハットトリックは、大きい脚を上げては、走っていました。

HAT TRICK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

HAT TRICK「パカッ。」

HAT TRICK「ブルルルルルルルル。」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュ~ン!」

ハットトリックは、大きい雄たけびを鳴らしていました。

HAT TRICK「カポ、カポ、カポ、カポ。」

HAT TRICK「ブルルルルルル。」

HAT TRICK「ニョロニョロ。」

HAT TRICK「バシャーーーーーー!」

ハットトリックは、大きい尿を出しました。

ハットトリックは、大きくて、気持ちいいおしっこを出していました。

ハットトリックは、サンデーサイレンスとトリッキーコードの仔で、青鹿毛のサラブレッドです。

ハットトリックの父・サンデーサイレンスも2002年8月に息を引き取っており、後継産駒としてのハットトリックも種牡馬入りし、多くの産駒を輩出しています。

ハットトリックの母・トリッキーコードも、サンタイネス・ブリーダーズカップを制覇するなど、アメリカでは牝馬の競走馬として活躍しておりました。

その後・トリッキーコードは繁殖牝馬となり日本に輸入され、追分ファームで繋養生活を開始し、一時・オーストラリアにも売却されましたが、追分ファームもハットトリックの活躍も相俟って、トリッキーコードを買い戻しては、再輸入させ、現在も繋養生活中です。

現役時代・21戦8勝の成績を残すなど、日本・香港などで競走馬として活躍し、種牡馬入りと同時にアメリカに輸入され、現在も、Gainesway Farm(ゲインズウェイファーム)にて繋養生活中の、マイラーチャンピオンホース・ハットトリック、2015年~2016年の種牡馬シーズンも元気に活躍しております。

2015年5月・Gainesway Farm(ゲインズウェイファーム)

HAT TRICK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

HAT TRICK「パカッ。」

HAT TRICK「ブルルルルルルルル。」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

大きい雄たけびでいなないては、元気に走る、マイラーチャンピオンホース・ハットトリック 2015年~2016年の種牡馬シーズンも、更なる大物産駒の登場が期待されており、ゲインズウェイファームで現在も繋養生活を送っている、マイラーチャンピオンホース・ハットトリックの、種牡馬としてのさらなる活躍を期待したいと想い、願っております。
(終)

2015年6月3日水曜日

マイラーチャンピオンホース・ハットトリック・牡・14際の現在も、海外繋養種牡馬として活躍する、青鹿毛のサラブレッド(2)。

ハットトリックとは、1選手が1試合で3得点以上を挙げることの意味。

大きくてたくましい青鹿毛のサラブレッド、それが、ハットトリックです。

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュ~ン!」

ハットトリックは、サンデーサイレンスを父に、トリッキーコードを母に持つ、たくましい青鹿毛のサラブレッドです。

HAT TRICK「カポ、カポ、カポ、カポ。」

HAT TRICK「ブルルルルルル。」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルル。」

HAT TRICK「ブルルルル。」

現役時代のハットトリックは、東京新聞杯・マイルチャンピオンシップなど、重賞競走も制覇したことある、マイラーチャンピオンホースでした。

2005年12月11日・香港マイルにアサクサデンエンと共に、香港に遠征した、ハットトリック、2着のザデュークを抑えて、遠征先の香港での重賞競走を制覇しました。

香港マイルでの制覇などが買われて、2007年6月には、種牡馬としてスタッドインする為、アメリカに輸入され、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)を拠点に、オーストラリア・インディペンデントスタリオンズ・アルゼンチン・エルマリン牧場などで、シャトル種牡馬としても繋養生活を送りました。

2011年・牡・10歳になった、ハットトリックは、種付け料も6000ドルに落ち込んでの繋養になっておりましたが、11月初旬・初年度産駒・ダビルシムの活躍などが見られたのを聞きつけてた、同じ、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、お隣のGainesway Farm(ゲインズウェイファーム)が、ハットトリックを、2012年度の新繋養馬として受け入れてほしいというオファーを、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)に申し入れたことから、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)も、2008年の繋養開始以来、4年間繋養生活を送った、HAT TRICK=ハットトリックを手放すことになり、11月初旬に、ゲインズウェイファームに、ハットトリックを売却、11月中旬には、2007年に来て以来、長く生活を送って来た、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)を退厩、馬運車でお隣のゲインズウェイファームに移動しました。

ハットトリックは、2011年11月中旬・現在の繋養先の、ゲインズウェイファームに、到着し、種牡馬厩舎に入厩、2012年の種牡馬シーズンから同ファームで新繋養生活を開始し、現在も繋養生活を送っております。
(ウォルマックファームで、4年間繋養生活を送った後、ゲインズウェイファームに移籍した、HAT TRICK=ハットトリック)


2015年・ゲインズウェイファーム。

ハットトリックは、2015年~2016年の種牡馬シーズンの繋養を開始しました。

Gainesway Farm(ゲインズウェイファーム)の、放牧場に、ハットトリックが放されると、ハットトリックは、大きい脚を上げて、走り出していきました。

HAT TRICK「ブルルルル。」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュ~ン。」

HAT TRICK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

ハットトリックは、大きい脚をケンタッキー州の大地に走っていました。

HAT TRICK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

HAT TRICK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

1選手が1試合で3得点以上を挙げることの意味であり、サンデーサイレンスの後継産駒の1頭である、ハットトリック、8年前に種牡馬として、スタッドインする為、アメリカに輸入されて来た、青鹿毛のサラブレッドで、2012年から、ゲインズウェイファームで新繋養生活を開始しして、現在も、繋養生活を送っている、青鹿毛のサラブレッドです。

HAT TRICK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」


HAT TRICK「パカッ。」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュ~ン、ブルルルル。」

HAT TRICK「ブルルルル。」

HAT TRICK「カポ、カポ、カポ、カポ。」

HAT TRICK「ブルルルルルルルル。」


HAT TRICK「ウーーーーーー」

HAT TRICK「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

ハットトリックは、大きいうんこを落としていました。

ハットトリックは大きくて緑色のうんこを落としていました。

HAT TRICK「ヒュヒュヒュ~ン」

ハットトリックは落としたうんこの臭いを嗅いではいなないていました。

HAT TRICK「ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ。」

HAT TRICK「バシャーーーーーーーーーーーーー!」

ハットトリックは、大きい尿を出していました。

雄大な北海道とは違う土地柄になる、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクの放牧地に、大きいおしっこをだし、体を整える、ハットトリックも、ケンタッキー州の牧草にはよく慣れていて、過ごしています。

HAT TRICK「モグモグ、モグモグ。」

HAT TRICK「カポ、カポ、カポ、カポ。」

ハットトリックは、ゲインズウェイファームの放牧場での草を歩めながら、繋養生活を過ごしている、青鹿毛のサラブレッドです。
(その3へ。)

2015年6月1日月曜日

マイラーチャンピオンホース・ハットトリック・牡・14歳の現在も、海外繋養種牡馬として活躍する、青鹿毛のサラブレッド。

(Walmac Farmで、繋養されていたころの、HAT TRICK=ハットトリック) 

HAT TRICK=ハットトリックとは、イギリス語のサッカー用語で、1試合で、1選手が、3得点以上を挙げることの意味、青鹿毛の馬で、たくましく育まれた、サンデーサイレンスと、トリッキーコードの仔、それが、ハットトリックです。

HAT TRICK「ヒュヒュヒュ~ン、ブルルルル。」

HAT TRICK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

HAT TRICK「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

HAT TRICK「パカッ。」



HAT TRICK「ヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルル。」

2007年・アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイク・ウォルマックファーム。

HAT TRICK「カポ、カポ、カポ。」

HAT TRICK「ブルルルルルル、ブルルルル。」

Robert・B・Treussel Jr氏「HAT TRICK ようこそ、WALMAC FARM LLCへ。」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュ~ン。」


今日からここで繋養生活を送ろう、シャトル種牡馬として繋養生活を送るときは、離れることになるが、それ以外はここで暮らすことを、身につけてほしい。

ハットトリックは、ウォルマックファームに到着した時、種牡馬としての、生活を身につけるのでした。

イギリス語のサッカー用語で1選手が1試合で3得点以上を挙げることの意味の、HAT TRICK=ハットトリックが、生まれたのは、2001年4月26日で、今年・牡・14歳の男馬のサラブレッドで、2004年~2007年まで、日本競馬で、21戦8勝の成績を残していて、2005年には、最優秀短距離馬にも選定され、受賞するなどとして、活躍しましたが、2007年の5月8日には現役を引退、同年5月10日付で競走馬登録を抹消しましたが、この間・マイルチャンピオンシップ・香港マイルなどで優勝するなど、重賞競走を制覇したことがあります。

ハットトリックは、山元トレーニングセンター(すでに閉鎖済。)にて、出国検疫検査を、5月26日まで受けた後、5月27日・ストールごと飛行機に乗せられて、名残惜しい日本を後に渡航しました。

マイラーチャンピオンホース・ハットトリックは、2007年6月1日(日本時間6月2日)には、種牡馬としてスタッドインする為、アメリカに輸入され、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、ウォルマックファームを拠点に、オーストラリア・アルゼンチンにシャトル種牡馬として、繋養生活を送りました。

2011年11月中旬、牡・10歳の時・マイラーチャンピオンホース・ハットトリックは、2008年の種牡馬生活開始以来、4年間繋養生活を送って来た、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)を後に、同じ、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、お隣の、Gainesway Farm(ゲインズウェイファーム)に移り、2012年~2013年の種牡馬シーズンから、新繋養生活を開始し、現在に至っていて、今年の4月26日(日本時間・4月27日)には、牡・14歳の誕生日を迎えたところです。

2015年 アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイク・Gainesway Farm(ゲインズウェイファーム)。

2011年の11月中旬・WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)から、移籍してきた、HAT TRICK=ハットトリックがいます。

1選手が1試合で3得点以上を挙げることの意味の、イギリス語のサッカー用語である、HAT TRICK=ハットトリックは、現在も、ゲインズウェイファームの種牡馬厩舎に、2011年から入厩しており、生活しております。

HAT TRICK「ブルルルル、ブルルルル。」

HAT TRICK「ヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュヒュ~ン!」

HAT TRICK「ザ~、ザ~、ザ~!」

ハットトリックが、種牡馬厩舎を出て、放牧場にむかいます。

HAT TRICK「カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。」

HAT TRICK「ブルルルルルル。」

ハットトリックは、大きい蹄(ひつ〝め。)を立てて、ケンタッキーの大地を走り始めます。
(その2へ。)