2015年5月30日土曜日

ハットトリック 現役引退から、8年。

今年の5月8日で、マイラーチャンピオンホース・ハットトリックが、現役を引退して、8年が過ぎました。

2001年4月26日・北海道・勇払郡・追分町(現・安平町)の、追分ファーム生産の、日本産馬の靑鹿毛馬である、ハットトリックが、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクの、ウォルマックファームなど、海外の牧場からシャトル種牡馬としての、スタッドインの要請オファーが来ていて、それに馬主のキャロットファームも応じることになり、管理厩舎の、角居勝彦調教師(栗東トレーニングセンター)と今後の対応について協議した結果、現役引退を決め、発表されました。

マイラーチャンピオンホースで、2005年の最優秀短距離馬にも選定されるなど、21戦8勝の成績を残した、サンデーサイレンスとトリッキーコードの仔・ハットトリックは、5月10日付けて競走馬登録を抹消、馬運車で、すでに閉鎖された、山元トレーニングセンターにむかい、ここで、出国検疫検査を、5月26日まで受けました。

2007年5月27日・ハットトリックが、日本を離れる時が来ました。

馬運車で、空港に移動していた、ハットトリックは、ストールに積み替えられて、ストールごと飛行機に積み込まれました。

ハットトリックは、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、ウォルマックファームでのスタッドインにむけて離陸し、名残惜しい日本を後にしました。

あれから、8年が過ぎました。

ハットトリックは、2007年、種牡馬としてスタッドインする為、アメリカに輸入され、2008年から、ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、ウォルマックファームを拠点に、オーストラリア・インディペンデントスタリオンズ アルゼンチン・エルマリン牧場などで、シャトル種牡馬として繋養生活を4年間送りました。

その後・2011年11月上旬、マイラーチャンピオンホース・・ハットトリックは、10歳の男馬に成長した時、同じ、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、お隣のゲインズウェイファームに売却、同月中旬には、同ファームに移動しました。

マイラーチャンピオンホース・ハットトリックは、2012年~2013年の種牡馬シーズンから、ゲインズウェイファームで新生活を開始していて、現在に至っており、これまでに、ダビルシム・トウキョウキャット・ヒノキ・ハウグレート・キングデービット・アントニアなど、多くの産駒を輩出した他、日本にも、毎年、1~2頭のペースで、産駒を輸入しているようです。

2015年4月26日(日本時間・4月27日)で、牡・14歳の誕生日を迎え、2015年~2016年の種牡馬シーズンも、種付け料・15000ドルにて、繋養生活を送ることになる、マイラーチャンピオンホース・ハットトリックの、種牡馬としてのさらなる活躍を期待したいと想い、願っております。