2015年1月10日土曜日

ジェンティルドンナ(1)

ジェンティルドンナとは、イタリア語で貴婦人という意味、大きくて、貴婦人のような活躍をしてほしいという願いが込められている、鹿毛のサラブレッド、それがジェンティルドンナです。

ジェンティルドンナ「ヒュヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルル。」


北海道・勇払郡・安平町・早来源武275番地にある、ノーザンファーム。

ここには、2009年2月20日に、同ファームで、ディープインパクトと、ドナブリーニの仔として、ドナブリーニの2009という血統名のサラブレッドとして生まれた、ジェンティルドンナが、本年から、繁殖牝馬として、新繋養生活を送っております。

姉には、ドナウブルー(ドナウ川の青)がおり、こちらも、現在・繁殖牝馬として活躍中です。

幼年期を、同ファームで過ごした、ジェンティルドンナですが、2歳の時、早来ホルスタイン市場で行われた、産地馬体検査を受検、同時に、栗東トレーニングセンター・石坂正厩舎と預託契約を交わし、2014年12月28日に現役を引退するまで、競走馬として活躍しました。

メイクデビュー・京都では、エーシンフルマークの2着に終わっていますが、無事に、ジェンティルドンナは、競走馬デビューを果たしました。
(その2へ。)

0 件のコメント:

コメントを投稿