2015年1月17日土曜日

ジェンティルドンナ(8)

ディープインパクトとドナブリーニの仔で、イタリア語で貴婦人という意味であり、貴婦人のような活躍を見せてくれる馬になってほしいという願いが込められている、鹿毛のサラブレッド・ジェンティルドンナは、ドバイワールドカップ・シーマクラシックからの帰国後、第55回・宝塚記念に参戦したが、ゴールドシップの9着に敗れ、続いて、11月2日に、東京競馬場で行われた、第150回・天皇賞・秋でも、2番人気に支持されて出走したものの、スピルバーグの2着。

そして、11月30日に、同場で行われた、第34回・ジャパンカップに、ジェンティルドンナは、3連覇をかけて、1番人気に支持されて出走させたものの、エピファネイアの4着と敗れたとの事です。

イタリア語で貴婦人という意味であり、貴婦人のような活躍を見せてくれる馬になってほしいという願いが込められている、ディープインパクトとドナブリーニの仔・ジェンティルドンナにも、疲労の色が、見えていました。

2014年12月18日・ディープインパクトと、ドナブリーニの仔、ドナブリーニの2009が血統名である、鹿毛のサラブレッド、ジェンティルドンナ(イタリア語で貴婦人という意味。)の、今後の対応について、所有者のサンデーレーシング(サンデーサラブレッドクラブ)と、早来ホルスタイン市場で行われた、産地馬体検査を受検と同時に預託契約を交わした、栗東トレーニングセンター・石坂正厩舎と協議した結果、来年は、牝・6歳の馬になることと、繁殖シーズンが迫っているので、現役続行は困難との事と、ドバイワールドカップ・シーマクラシックなど重賞競走を制覇したことも考慮して、12月28日に、中山競馬場で行われる、第59回・グランプリ・有馬記念に出走させ、このレースで引退させることが決まったのです。

12月28日・中山競馬場で行われた、第59回・グランプリ・有馬記念。

イタリア語で貴婦人という意味であり、貴婦人のような活躍を見せてくれる馬になってほしいという願いが込められている、ドナブリーニの2009が血統名の、鹿毛のサラブレッド・ジェンティルドンナが出走する、現役競走馬としてのラストランレースとなりました。

この間・ジェンティルドンナは、19戦10勝(うち・海外 2戦1勝)の成績を上げるに至りました。

さらには、2013年の最優秀4歳上牝馬にも、ジェンティルドンナは選出され、授賞しました。

当時・1番人気に支持されていたのは、ゴールドシップといい、ステイゴールドの産駒でした。

ジェンティルドンナは、4番人気での出走となりました。

ジョッキーは、ライアン・ムーア騎手が短期免許切れによる、帰国に伴い、騎乗が出来なくなったので、大井・香取厩舎から、美浦トレーニングセンター・田島俊明厩舎に移籍した、戸崎圭太騎手が騎乗する事になったのです。

ファンファーレと共に、グランプリ・有馬記念の枠入りが始まったです。

ジェンティルドンナと共にディープインパクトの産駒の1頭として、活躍してきた、ヴィルシーナも、グランプリ・有馬記念がラストランになりました。

ゲートオープンと同時に、スタートを切った、グランプリ・有馬記念、イタリア語で貴婦人という意味、であり貴婦人のように大きく活躍を見せてくれる馬になってほしいという願いが込められている、鹿毛のサラブレッド・ジェンティルドンナのラストランレースとなりました。

2500メートルの芝コースを2周するレースは、ジェンティルドンナにとって初めての経験です。

2周目の最終コーナーから、直線コースに入った、ジェンティルドンナ。

ジェンティルドンナ「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ」

ゴールインする前、ジェンティルドンナの前まで、おってきたのは、トゥザワールドです。

ジェンティルドンナは、1着で、ゴール板を通過しました。

ジェンティルドンナのタイムも、2分35秒3を記録しました。

ジェンティルドンナは、第59回・グランプリ・有馬記念を制覇し、有終の美を飾りました。


ジェンティルドンナ「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルルルルルルル。」

ジェンティルドンナは、ディープインパクトとドナブリーニの仔、雄大な北海道の自然な牧草が、育む、鹿毛のサラブレッド、それがジェンティルドンナです。

ジェンティルドンナ「ブルルルルルルルルルルルルル。」


いよいよ、ジェンティルドンナの引退式が、中山競馬場で行われ、多くのファンの皆様に愛しひたしまれた、ジェンティルドンナ(イタリア語で貴婦人という意味。)に、別れを惜しみました。

ジェンティルドンナの引退式は、無事に終了しました。

ジェンティルドンナは、12月28日付で競走馬登録を抹消しました。

その後、ノーザンファーム・天栄に移動し、放牧休養に充てていた、ジェンティルドンナは、1月4日に、馬運車で、ジェンティルドンナが生まれた、ノーザンファームに移動し、1月5日にようやく到着しました。

さらに、2014年の年度代表馬・最優秀4歳上牝馬に、ジェンティルドンナが選出されたことが判明、1月26日・東京都内のホテルにて行われる授賞式にて表彰されることも判明しました。

本年から、繁殖牝馬として、新生活を始める、ジェンティルドンナ、初年度の配合種牡馬には、ハービンジャー・キングカメハメハのいずれかが、配合される予定で、2016年には待望の初年度産駒が生まれる予定で、2018年には、ジェンティルドンナの初年度産駒が競走馬としてデビューすることになっているようです。

イタリア語で貴婦人という意味であり、貴婦人のような活躍を見せてくれる馬になってほしいという願いが込められている、ドナブリーニの2009が血統名のジェンティルドンナ、繁殖牝馬として新たな活躍を見せてくれる馬になれるのか、期待したいと想い、願っております。

(終)

0 件のコメント:

コメントを投稿