2015年1月16日金曜日

ジェンティルドンナ(4)

第72回を迎えた、桜花賞に、ジェンティルドンナが、ゲートに入れられて、収まると、他の馬もゲートインして行きました。

枠入りが完了し、ゲートオープンと同時に、ジェンティルドンナの、桜花賞がスタートを切りました。

牝馬の戦いということもあり、ジェンティルドンナなどの出走馬たちは、桜の咲く阪神競馬場の芝コースを駆け抜けました。

直線コースにむいたとき、ジェンティルドンナは、大きく伸びては、2着のヴィルシーナの追撃を抑えて、1着になりました。

ジェンティルドンナ「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

ジェンティルドンナ「ヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュ~ン、ヒュヒュヒュ~ン。」

ジェンティルドンナは、大きいいななきで、喜んでは、歩めていました。

ジェンティルドンナ「ブルルルルルルルルル。」

ジェンティルドンナは、大きい鼻息をならし、汗を流していました。

ジェンティルドンナのタイムも、1分34秒6と出ていました。

ジェンティルドンナの体からは、汗が流れていました。

ジェンティルドンナ「フーーー。」

ジェンティルドンナ「ブルルルルルルルルル。」

そのあと、口取り式に出た、ジェンティルドンナは、大きいいななきを鳴らしました。

ジェンティルドンナ「ヒュヒュヒュ~ン。」

ジェンティルドンナは、ディープインパクトとドナブリーニの仔で、かわいくたくましい、牝馬のサラブレッドです。

その後、ジェンティルドンナは、尿検査を受けるため、検査施設に入りました。

ジェンティルドンナ「ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ。」

ジェンティルドンナ「バシャーーーーーー!」

ジェンティルドンナは、大きいおしっこを出してやりました。

検査筒におしっこを入れた、ジェンティルドンナは、出張厩舎で過ごしたあと、馬運車で厩舎に戻りました。

翌日・栗東トレーニングセンター・石坂正厩舎の馬房にいたジェンティルドンナは、桜花賞後の過ごしも良いようでした。

ジェンティルドンナ「ブルルルルルルルルル。」

ジェンティルドンナ「ヒュヒュヒュ~ン。」

ジェンティルドンナは、いななきを鳴らしては、厩舎の中を見ていました。

ディープインパクトとドナブリーニの仔、ドナブリーニの2009が血統名の牝のサラブレッド、それがジェンティルドンナです。

ジェンティルドンナ「ヒュヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルルル。」
(その5へ。)

0 件のコメント:

コメントを投稿