2013年12月12日木曜日

サングレアル 王家の血脈(6)

本馬場に初めて踏み入れた、サングレアルは、大きい脚で、走り出したのです。

サングレアル「ヒヒ~ン!」

サングレアル「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ」

サングレアルと同じゼンノロブロイの産駒になる、ランドオザリールも、サンデーレーシングの所有馬の1頭で、そちらも、走っていました。

スタート地点に来た、サングレアルは、輪のりをあげて、発走を待っていました。

フランス語で王家の血脈という意味のサングレアルも、1番人気に支持されて、初出走を迎えたのです。

サングレアル「カポ、カポ、カポ。」

サングレアル「ブルルルルルル、ブルルルルル。」

ファンファーレと同時に、サングレアルは、ゲートへ誘導されました。

8番ゲートに収まった、サングレアルは、大きい声でいなないていました。

サングレアル「ヒヒ~ン。」

「カッポン」

ゲートが開くと同時に、サングレアルは、スタートを切り、走り始めました。

800メートルの標識を過ぎていて、サングレアルは、進路うかがっていました。

サングレアル「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

直線コースにむいたとき、サングレアルは、一気に伸びて行きました。

サングレアルは、2着馬・アイアムナチュラルをかわして先頭に立ち、そのままゴール板を過ぎました。

サングレアル「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒヒヒヒ~ン!」

サングレアルは、1着で初勝利を挙げました。

タイムも1分37秒1を記録しました。

サングレアル「カポ、カポ、カポ、カポ。」

ゼンノロブロイを父に、ビワハイジを母に持つ、サングレアル(フランス語で、王家の血脈という意味。)は、汗をだし、勝利をものにしました。

サングレアル「ヒヒ~ン、ブルルルル。」

サングレアルとは、フランス語で王家の血脈という意味、かわいくて、たくましい体に育ってほしいという願いが込められた、青鹿毛のサラブレッドです。

サングレアル「ヒヒ~ン!」

サングレアルは、大きいいななきで、喜ぶ馬になりました。

大きく、鋭く、かわいいいななきは、サングレアルの元気な証、サングレアルは、雄大な北海道の大地で生まれた、素直な血統馬です。

サングレアル「ヒヒ~ン、ブルルルル!」

サングレアルは、勝利の花道を歩きながら、口取り式に出ました。

サングレアル「ブルルルルルルルルルル。」

馬主以下が口取り式に出て、記念撮影を行い、無事に終了した、サングレアルは、検査所に行き、検査筒におしっこを出していました。

サングレアルは、検査を終えて、出張厩舎に戻り、過ごした後、馬運車で栗東トレーニングセンターの、松田博資厩舎に戻りました。
(このレースでは、ラテラルアークも参戦しましたが、10着に終わりました、又、1着のサングレアル(フランス語で、王家の血脈という意味。)のジョッキー・岩田康誠(やすなり)騎手は、2着のアイアムナチュラルの進路斜行を直線コースでしたことについて、5万円以下の過怠金(罰金の事を、競馬ではこう呼ぶ。)を課せられたとの事です。)

メイクデビュー・阪神を1着で制覇し、初勝利を挙げた、サングレアル(Sang' Real=フランス語で、王家の血脈という意味・ビワハイジの2011)は、年内はこの1戦で終了し、次走は、年明け・3歳の緒戦になる、「福寿草特別」(京都競馬場)になりそうで、デビューを果たした、サングレアルの更なる活躍を期待したいと想い、願っております。
(終)

サングレアル 王家の血脈(5)

11月30日、サングレアルは心地よく起きました。

サングレアル「ヒヒ~ン、ブルルルルルル。」

サングレアルとは、フランス語で王家の血脈という意味です。

大きくてたくましいからだ、血統馬らしく、かわいい女の子になってほしいという願いが込められた、青鹿毛のサラブレッド、それが、サングレアルです。

サングレアル「ヒヒ~ン、ブルルルルル!」

今日は、サングレアルが、初めてレースに出る日です。

阪神競馬場で行われた、サラ系2歳新馬戦(メイクデビュー・阪神)に、サングレアルを出走させるためです。

フランス語で王家の血脈という意味を持つ、サングレアルは、栗東トレーニングセンターを馬運車で出発し、阪神競馬場にむかいました。

サングレアルと同じく、ゼンノロブロイを父に持つ仔馬が、もう1頭います、ランドオザリールです。

サングレアルと同じく、メイクデビュー阪神に出走してきたのです。

スコットランド民謡の曲名より命名された、ランドオザリールも、ゼンノロブロイを父に持つ馬の1頭ですが、こちらは、母がアイリッシュカーリになっている事が、異なるようです。

フランス語で王家の血脈という意味のサングレアルのゼッケン番号は、7枠8番となっており、ジョッキーが岩田康誠騎手が騎乗しているとのことで、果たしてサングレアルは、勝利できるのか。
パドックで周回をさせるのか。

サングレアルが、パドック場にむかいます。
(その6へ。)

2013年12月11日水曜日

サングレアル 王家の血脈(4)

産地馬体検査を受検と同時に預託契約をかわし、5月1日付けで新規競争馬名登録を受けた、ゼンノロブロイと、ビワハイジの仔・サングレアル(Sang' Real=フランス語で王家の血脈という意味)は、翌日から、調教を開始し、ゲート試験にむけた訓練などを、連日・こなしたりしました。

その後・ゲート試験を受けて合格した、サングレアルは、追い切りでもいいスピードを出しては、仕上がりを見せておりました。

馬房にいた、サングレアルは、疲れも癒しては、過ごしておりました。

サングレアル「ブルルルルルル。」

餌が来ると、サングレアルは大きくはんでいました。

「もぐ、もぐ、もぐ。」

11月29日の、栗東トレーニングセンター。

サングレアルは最終追い切りに出ました。

サングレアル「カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。」

サングレアル「ヒヒ~ン!」

サングレアル「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

サングレアルは、大きい脚で、鋭く走ってやりました。

心地よい汗をかいた、サングレアルは、厩舎に戻り、疲れを癒しました。

砂浴びを終えた、サングレアルは、シャワーを浴びでいました。

サングレアル「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒヒヒ~ン。」

さっぱり浴びた、サングレアルは大きいいななきで、鳴いていました。

馬房に戻り、サングレアルは、いい息を吐きながら、見つめるように過ごしていました。

サングレアル「フーーーーーーー!」

サングレアルは、ゼンノロブロイを父に、ビワハイジを母に持つ、青鹿毛の美しいサラブレッドです。

サングレアル「フーーー!」
(その5へ。)

サングレアル 王家の血脈(3)

幼年時代から、過ごしてきた、サングレアルは、ノーザンファームの厩舎にいました。

2011年5月8日の誕生から、1年が過ぎ、牝・2歳の牝馬に成長した、サングレアルは、いよいよ、競走馬になる為の育成を始め、馬場でキャンターをこなすなどとして、雄大な北海道の大地にだかれては、育成されてきました。

厩舎に戻った、サングレアルは、涼しい、早来の牧草で、心地よく過ごしていました。

サングレアル「ブルルルルルル。」

サングレアル「ヒヒ~ン!」


サングレアルは、大きいいななきを、鳴らしていました。

王家の血脈という意味のフランス語に由来する、サングレアルは、かわいいたくましい女の子の馬に育っていきました。

サングレアルが、移動し、所属厩舎に、入厩する日が来ました。

北海道・勇払郡・安平町のノーザンファームで、夏の間過ごしてきた、サングレアルは、これから、ノーザンファーム天栄・ノーザンファームしがらきを経由して、所属厩舎の、栗東トレーニングセンター・松田博資厩舎に入厩することになり、幼年時代から送ってきた、ノーザンファームを後に馬運車で栗東トレーニングセンターにむかいました。

早来のノーザンファームを後にした、サングレアルは、函館からフェリーで津軽海峡を渡り、東北地方の、ノーザンファーム天栄で休養をし、さらに、西へと走り、滋賀県・甲賀市・信楽町の、ノーザンファームしがらきに到着、ここで休養と調整をして、秋の訪れとともに、ノーザンファームしがらきを出て、馬運車を走らせ、栗東市にある、日本中央競馬会・栗東トレーニングセンターの、松田博資厩舎に到着、サングレアルは、馬運車を降り、入厩しました。
(その4へ。)

サングレアル 王家の血脈(2)

2013年・牝・2歳になった、ビワハイジの2011は、大きくて立派な体になりました。

馬名も、フランス語で王家の血脈という意味の、サングレアル(Sang' Real)に決まり、発表されました。

春先の、安平町の早来ホルスタイン市場で行われた、産地馬体検査を受検するために、サングレアルはやって来たのです。

王家の血脈(フランス語で、サングレアル)の名前を付けた、青鹿毛の女の子の馬は、これから、血液などの検査を受けるのです。

粉雪が舞った、早来ホルスタイン市場の産地馬体検査会場に来た、サングレアルはチャカチャカしていました。

サングレアル「ヒヒ~ン!」

サングレアルは、大きくいなないては、チャカついていましたが、スタッフがとめていました。

サングレアルの番が来ると、サングレアルは血液検査などを行って、無事に終わりました。

サングレアルは、産地馬体検査を無事に終了しました。

産地馬体検査を受けた、サングレアルは、栗東トレーニングセンターの、松田博資厩舎に所属することになったので、同厩舎と預託契約をかわしました。

サングレアルは、入厩にむけて、競走馬としての第1歩を踏み出しました。
(その3へ。)

2013年12月10日火曜日

サングレアル 王家の血脈

2011年5月8日、1頭の仔馬が、北海道・勇払郡・安平町・早来源武275番地の、ノーザンファームで生まれました。

その名前は、ビワハイジの2011、後のサングレアルです。

ビワハイジも、競走馬として、(有)ビワの所有馬として、中央競馬で活躍、現役引退後、繁殖牝馬としてノーザンファームで繋養生活を送っており、すでにブエナビスタなどの、年度代表馬に輝いた牝馬を輩出しました。

半姉として、ディープインパクトを父に持つ、ジョワドヴィーヴル(Joie de Viver=フランス語で、生きる喜びという意味。)がいましたが、今年の5月29日・調教中の骨折事故で息を引き取っており、ビワハイジの2011(サングレアル)は、その半妹として生まれました。

2012年・1歳になった、ビワハイジの2011(サングレアル)は、ノーザンファームの幼年馬の放牧場で過ごしていました。

パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。

ビワハイジの2011(サングレアル)は、大きい北海道の大地を走って、尻尾を振りまいていました。

8月・ノーザンファームで、馬主のサンデーレーシングの会員組織・サンデーサラブレッドクラブの、1歳馬見学会が行われており、ビワハイジの2011(サングレアル)も参加しておりました。

スタッフの手綱に引っ張られたまま、ビワハイジの2011(サングレアル)は、見学者の人を引き付けておりました。

秋・1歳の、ビワハイジの2011(サングレアル)は、厩舎で幼年時代を送り、過ごしておりました。
(その2へ。)