2013年5月20日月曜日

女傑・ウオッカ IN ジュモントファーム・バンスデットマナースタッドファーム

2013年5月・イギリス・サフォーク州・ニューマーケット郊外・ジュモントファーム・バンスデットマナースタッドファーム

先月から、女傑・ウオッカは、世界最強馬・フランケル(FRANKEL)と種付け交配を6月に行うとの事で、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーンスタッド・ギルタウン(シェシューン・シャーリーマウント)から海を渡って来てやって来ました。

この間の4月4日(日本時間・4月5日)には、女傑・ウオッカは牝・9歳の誕生日迎えたところです。

3月まで、アガ・カーンスタッド・ギルタウン(シェシューン・シャーリーマウント)でマタニティライフを送りながら生活してきた、女傑・ウオッカは、今回・世界最強馬・フランケル(FRANKEL)と種付けを行うため移動してきたとの事です。

4月下旬、女傑・ウオッカは、陣痛が始まり、お産が始まりました。

昨年の6月にアイルランド・キルディア近郊・ギルタウンの、アガ・カーンスタッド・ギルタウン(シェシューン・シャーリーマウント)で種付け交配を終えてから、マタニティライフを送ってきた、女傑・ウオッカ、順調に進みました。

4月23日の午前5時15分(日本時間・午後13時15分)に、女傑・ウオッカは、VODKA2013を無事に出産しました。

あれから数か月が過ぎて、女傑・ウオッカは、VODKA2013を隣の馬房に移していました。

VODKA「ヒュヒュヒュ~ン。」

イギリス・サフォーク州・ニューマーケット郊外の、ジュモントファーム・バンスデットマナースタッドファームに来た、女傑・ウオッカ。

2010年の4月から繁殖牝馬として繋養生活を送っており、すでに2頭を出産し、内1頭は、日本に逆輸入されております。

5月中旬、女傑・ウオッカは、バンスデットマナースタッドファームの放牧場に出しました。

VODKA「ヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルル。」

VODKA「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

ウオッカは、ニューマーケット郊外の大地を、大きい脚で走って、回っていました。

明け9歳の牝馬とは想えない、鹿毛の馬体は、イギリス・サフォーク州・ニューマーケット郊外の放牧場では、走り耐えた、現役時代とは違う走りを見せておりました。

すっぴんでかわいい鹿毛の鹿毛の馬で、今年の4月から来ている、女傑・ウオッカ、いよいよ、来月には世界最強馬・フランケル(FRANKEL)と種付け交配が予定されいて、うまく交配し受胎すれば、来年の春には、VODKA2014という産駒が生まれる予定になっている様で、繁殖牝馬として繋養生活を送リ始めてから3年を迎えた、女傑・ウオッカの3年目のシーズンは、これからが勝負になりそうです。