2012年9月25日火曜日

VODKA2012(ウオッカの2012・2)

4月24日に、アイルランド・アガ・カーンスタッド・シェシューンで生まれた、女傑・ウオッカの1年目産駒・VODKA2012(ウオッカの2012)は、鹿毛の牝馬で、アイルランドの牧草に育まれながら、幼年時代を過ごして行く、すっぴんでかわいい鹿毛の馬、それがVODKA2012です。

ウオッカの2012は、尻尾を振りながら、母・女傑・ウオッカと一緒に過ごしておりました。

VODKA2012に、別れのときが来ました。

アガ・カーンスタッド・シェシューンで過ごしておりました、母である、女傑・ウオッカが、アガ・カーンスタッド・ギルタウンに戻ることになりました。

VODKA2012の母、女傑・ウオッカは、次の種付け準備をしなくてはならないため、アガ・カーンスタッド・ギルタウンに戻るので馬運車に乗って、アガ・カーンスタッド・シェシューンを離れていきました。

VODKA2012は、1頭と、ポツンといました。

VODKA2012「ヒュヒュヒュ~ン。」

VODKA2012は、大きいいななきを鳴らしては、母・ウオッカを、想い出しておりました。

6月、VODKA2012は、アガ・カーンスタッドの放牧場で、走っておりました。

VODKA2012「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ」

VODKA2012「ブルルルルル。」

母・ウオッカの姿は見られないが、VODKA2012は、たくましい女の子の馬になりました。

8月・VODKA2012も、鹿毛の牝馬になりました。

母・ウオッカが、現役時代、7馬身差の圧勝を見せましたが、1年目産駒のVODKA2012も、大きくなったら、競走馬として更なる活躍を期待したいと想い、願っているところです。

母・ウオッカの1年目産駒・VODKA2012は、現在も、幼年時代を、アイルランドの、アガ・カーンスタッドで送っておりますが、初年度産駒・VODKA2011(ウオッカの2011)は、いよいよ、競走馬デビューの為に日本に行く予定になっている様で、VODKA2012も、2014年には日本で競走馬デビューする予定の為、アイルランドを離れることになっており、今後・更なる活躍を期待したいと想い、願っております。
(終)

VODKA2012(ウオッカの2012)

2010年3月に、鼻出血がもとで、惜しくも現役を引退し、4月から、繁殖牝馬として、アイルランド・キルディア近郊・ギルタウンにある、アガ・カーンスタッド・ギルタウンで、繋養生活を送っており、今年の4月4日で、牝・8歳の誕生日を迎えたところで、現在も現役繁殖牝馬として送っている、女傑・ウオッカが、4月24日・午前10時45分(日本時間・18時45分)に、アイルランド・キルディア近郊の、アガ・カーンスタッド・ギルタウンから、少し離れた、シェシューンにある、アガ・カーンスタッド・シェシューンで、1年目産駒・VODKA2012(ウオッカの2012)を、無事に安産で出産しました。

VODKA2012(ウオッカの2012)の、母・ウオッカは、現役時代、中央競馬で26戦10勝を挙げた、2004年4月4日生まれの鹿毛の牝馬で、繋養先のアガ・カーンスタッド・ギルタウンには、2010年4月1日(日本時間・4月2日)から、生活を送っております。

VODKA2012(ウオッカの2012)の、母・ウオッカは、2010年3月13日から16日にかけて、遠征先のドバイから、イギリス・ニューマーケット経由で、アイルランド・キルディア州・キルディア近郊のギルタウンへ輸送され、途中・ホーリーヘッドから、ダブリンの間はフェリーで輸送された後、馬運車に乗せられ、3月16日(日本時間・3月17日)の朝・8時30分(日本時間・17時30分)には、繋養先のアガ・カーンスタッド ギルタウンに到着し、着地検査の後、同年の4月1日(日本時間・4月2日)から、繁殖牝馬として繋養生活を送っており、現在に至っております。

女傑・ウオッカは、2010年の6月に入り、凱旋門賞馬で同年から種牡馬入りした、シーザスターズ(D・ツイ氏・所有馬・母・アーバンシー)との間で種付け交配を過去・2回行ったのですがいずれも不受胎に終わっておりましたが、6月3日(日本時間・6月4日)になり、3度目の種付け交配で受胎が確認され成功し、2011年の5月2日(日本時間・5月3日)になり、難産の末・初年度産駒・ウオッカの2011(VODKA2011)を出産したところです。

2011年・女傑・ウオッカの種付け交配相手も、シーザスターズが選ばれ種付けを行い、今度は成功し、受胎しました。

女傑・ウオッカも、11月に入り、お産の準備のため、アガ・カーンスタッド・ギルタウンから、少し離れた、アガ・カーンスタッド・シェシューンスタッドに移動し、すごすことになりました。

2012年・牝・8歳になった、女傑・ウオッカがお産を始めたのは、4月20日(日本時間・4月21日)になってからです。

前回は難産の末・初年度産駒・VODKA2011を無事に生みましたが、今回は安産でのお産を迎えることになります。

そして、4月24日・午前10時45分(日本時間・午後18時45分)、女傑・ウオッカは1年目産駒・VODKA2012(ウオッカの2012)を、無事に出産しました。
(その2へ。)