2012年1月6日金曜日

ブエナビスタ 遂に引退、繁殖牝馬になる為故郷に帰る!(2)

ブエナビスタとは、スペイン語で、素晴らしい眺め・絶景という意味、父・スペシャルウイーク・母・ビワハイジの仔として生まれた鹿毛の馬、素晴らしい成績を残せるようにという願いを込めて命名された、鹿毛のサラブレッド、それが、ブエナビスタです。

12月29日・午前11時25分、ブエナビスタは、北海道・勇払郡・安平町・早来源武275番地にある、生まれ故郷・ノーザンファームに到着、長い旅を無事に終えて、ブエナビスタは、繁殖牝馬専用厩舎の、母・ビワハイジの隣の馬房に入りました。

「カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。」

ブエナビスタは、生まれ故郷・ノーザンファームに帰ったのです。


ブエナビスタは、大きい鹿毛の馬体に、生まれ故郷・北海道の大自然に抱かれながら、育った、美しい鹿毛のサラブレッドです。

1歳の時の、ブエナビスタは、ノーザンファームの放牧場で、戯れながら、走って遣りました。

「ヒヒヒヒヒヒヒ~ン、ヒヒヒヒヒヒ~ン」

幼少時代の、ブエナビスタ(当時・ビワハイジの2006)は、大きい声で、大自然の北海道の空に鳴き声を出していました。

「ブルルルルルルル、ブルルルルルルルル!」

ブエナビスタは、幼少時代を想い出しながら、大きい鼻息を鳴らしてやりました。


「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン!」

ブエナビスタは、大きい声でいなないては、北海道の空に吠えていました。


いよいよ、ノーザンファームの放牧場に、ブエナビスタなどが、放牧されて行きます、寒い冬の、北海道も、雪が降った後とあって、雪だらけの銀世界に、ブエナビスタは、「パカッ、パカッ、パカッ。」と、走っては、吐く息を出して、放牧生活に慣れるのです。

今年・1月5日付で、松田博資厩舎から、ブエナビスタの、登録抹消届を、JRAが受理し、抹消されました。

本年から、繁殖牝馬として、ノーザンファームで生活を送ることになっている、ブエナビスタが、いい仔馬を産んでくれるのか、期待したいと想い、願っております。

ブエナビスタ 遂に引退、生まれ故郷へ、繁殖牝馬入りの為帰る。

ブエナビスタとは、スペイン語で、素晴らしい眺め・絶景という意味、父・スペシャルウイーク・母・ビワハイジの仔として、2006年3月14日に北海道・勇払郡・安平町・早来源武275番地の、ノーザンファームで生産された、鹿毛のサラブレッドで、ビワハイジの2006として生まれた、素晴らしい眺めの様な、成績を残せるようにという願いを込めて命名された、美しく綺麗な、鹿毛の牝馬のサラブレッド、それが、ブエナビスタです。

2歳の時の、2008年・メイクデビュー京都で、栗東・松田博資厩舎・所属の競走馬として、デビューした、ブエナビスタは、2戦目の、サラ系2歳未勝利戦で、初勝利を挙げまた。

初勝利を挙げた、未勝利戦から、駒を進めた、ブエナビスタは、阪神ジュベナイリーズフィリーズに出走し、2勝目を挙げたのです。

2009年3歳になった、ブエナビスタは、、桜花賞・優駿牝馬(オークス)・京都記念・天皇賞 秋などを制覇、昨年には、ブエナビスタは、第31回・ジャパンカップにも出走し、優勝を果たしました。

この間・2010年の11月に行われた、第30回・ジャパンカップにも、ブエナビスタは出走し、先頭に立ち、1着でゴールしましたが、2着のローズキングダムの進路妨害で長い審議となり、2着に降着となるなど、後味の悪い結末となったこともありました。

2011年12月25日・ブエナビスタは、第56回・グランプリ 有馬記念に出走させました。

ブエナビスタは、1番人気に支持されました。

前走のジャパンカップ(第31回)の制覇後、馬主のサンデーレーシングから、ブエナビスタは、第56回・グランプリ 有馬記念をラストランとして、年内いっぱいで引退、来年からの、繁殖牝馬入りが発表されました。

2006年3月14日に、ビワハイジの2006として、ブエナビスタは、生まれて以来、長く競走馬として活躍しました。

この間に、桜花賞・優駿牝馬(オークス)・京都記念・ヴィクトリアマイル・天皇賞 秋・第31回・ジャパンカップなど制覇した他、ドバイワールドカップなどにも出走する為、2回・ドバイにも遠征したこともありました。

2010年には、2010年のJRA賞・年度代表馬・最優秀4歳上牝馬にも選出され、受賞しています。


いよいよ、ゲートインが始まり、ブエナビスタは、ゲートに収まりました。

ゲートオープンと同時に、ブエナビスタのラストランの、グランプリ 有馬記念がスタートしました。

2周目の直線コースを見ていると、ブエナビスタは、パカッ、パカッと走りましたが、一向に伸びません。

ブエナビスタは、ぐいぐい、伸びでくれましたが、時はすでに遅し、結局・ブエナビスタは、7着でレースを終えました。

優勝したのは、同じ、サンデーレーシング所有馬の、オルフェーヴルでした。

ブエナビスタは、結局・有終の美を、飾ることはできませんでした。

スペシャルウイークと、ビワハイジの間に生まれた、血統構成、美しく綺麗な鹿毛のサラブレッドに育ってほしいという願いを込めて命名された、スペイン語で、素晴らしい眺め・絶景という意味の、鹿毛のサラブレッド、それがブエナビスタです。

そのブエナビスタは、有終の美を飾ることは出来ないまま、現役を引退する事になりました。

同日、ブエナビスタの引退式が、中山競馬場で行われました。

2011年の競馬も幕を閉じるかのように、ブエナビスタは、鹿毛の馬体を輝きながら、ターフに出ました。

「ブルルルルルル、ブルルルルルル!」

ブエナビスタの鼻息は、大きく鳴らして、中山の馬場に響きました。

記念撮影を終えた、ブエナビスタは、いい蹄を鳴らしながら、ターフを去りました。

ブエナビスタは、馬運車に乗り、福島県のノーザンファーム天栄に移動、そこで、疲れを癒しました。

「ヒヒ~ン!」

ブエナビスタは、大きい鼻声でいななきました。

ブエナビスタは、北海道・早来を想い出すのか、母・ビワハイジの血をひいています。

ブエナビスタは、12月28日の午後には、ノーザンファーム天栄を出発、途中・青森からフェリーで、函館に行き、更に長い道のりを行って、生まれ故郷・ノーザンファームに移動します。

ここで、ブエナビスタは、繁殖牝馬専用厩舎で、新しい生活を送れるのでしょうか。
(ヒヒ~ン、ブルルルルルルルル!)