2011年11月19日土曜日

HAT TRICK=ハットトリック GAINESWAYTHOROUGHBREDSTUDFARM(ゲインズウェイファーム)へ移籍。



Link Page GAINESWAY THOROUGHBRED STUD FARM (2012年のシーズンから。)
http://www.gainesway.com/

2008年から、3年間、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)で、種牡馬として、繋養生活を送り、オーストラリアのインディペンデントスタリオンズやアルゼンチンのエルマリン牧場でもシャトル種牡馬として繋養生活を送った、サンデーサイレンスと、トリッキーコードの仔・HAT TRICK=ハットトリック(イギリス語で、1選手が1試合で3得点以上をあげる事の意味(サッカー用語)・毛色・青鹿毛・2001年4月26日生まれ・日本(追分ファーム 北海道・勇払郡・追分町(現・安平町)・追分向陽1233-1)産・牡・10歳・血統名・トリッキーコードの2001)が、このほど、同じ、アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、お隣の、GAINESWAYTHOROUGHBREDSTUDFARM(ゲインズウェイファーム)に売却され、2012年のシーズンから、繋養生活を送ることになり、馬運車で、2008年の供用開始以来、3年間繋養生活を送ってきた、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)を後にしました。


HAT TRICK=ハットトリックは、現役時代・キャロットファームの所有馬として、日本で、牡丹賞・ナリタブライアンメモリアル・清水ステークス・スポーツニッポン賞金杯(西・京都金杯)・東京新聞杯・マイルチャンピオンシップ・キャセイパシフィック香港マイル(香港瓶)など、21戦8勝の成績を残しており、2005年の最優秀短距離馬にも選定されるなど活躍しましたが、2007年5月8日には、現役を引退、5月10日付で競走馬登録を抹消、その後、南アフリカと、アメリカを半年ごとに行き来する、シャトル種牡馬として繋養出来る様、種牡馬としてスタッドインすることになり、山元トレーニングセンターで出国検疫検査を受けた後、5月27日に飛行機で、名残惜しい日本を後に海を渡って行きました。

アメリカ・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクにある、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)には、6月の終わりに到着し、着地検査を受けた後、2008年から、種牡馬として繋養を開始するとともに、ここを拠点として、シャトル種牡馬として、オーストラリア・アルゼンチンにも繋養生活を送りました。

2009年に、待望の初年度産駒が誕生し、日本でも、同年の5月19日に北海道・日高郡・新ひだか町・三石の前田宗将氏の牧場で、本邦唯ーの、ハットトリックの初年度産駒・プロポーズトゥーミーの2009(母・プロポーズトゥーミー・昨年の10月に行われた、HBA・オータムセールで、バローズの猪熊広次氏(東京都)が購買、その後、美浦・小笠倫弘厩舎に所属することになり、今年の11月3日付で新規競走馬名登録を受けると同時に、アンソニーバローズの競争名で、登録されました。)が、誕生しています。

その後、初年度産駒の1頭・DABIRSIM(ダビルシム・母・RUMORED=ルモレード・毛色・黒鹿毛・サイモン・スプリンガー氏・所有 C・フェルランド厩舎(フランス)・所属)が、フランスの3大重賞競走の、カブール賞・モル二賞・ジャン・リュック・ラガルデール賞を制覇するとともに、ハットトリックの初年度産駒では、初の重賞競走制覇馬となりました。

HAT TRICK=ハットトリックは、今年・4月26日(日本時間・4月27日)に、まる10歳の誕生日を迎え、この年の種付け料は、6000ドルにて、今年度のシーズンを送っていました。

そこへ、お隣の、GAINESWAY THOROUGHBRED STUD FARM(ゲインズウェイファーム)から、来年・2012年シーズンから、HAT TRICK=ハットトリックを同場の新種牡馬として、繋養生活を送ってほしいというオファーが、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)にあり、それに応じた、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)は、HAT TRICK=ハットトリックの今後の対応について協議した結果、HAT TRICK=ハットトリックを、お隣のGAINESWAY THOROUGHBRED STUD FARM(ゲインズウェイファーム)に売却し、2012年のシーズンから、繋養させることに決めました、同時に、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)は、最大の種付け権を所有する牧場として、繁殖牝馬の種付けをバックアップすることを条件に、移動させることにしました。

ハットトリックが、新生活を送る、GAINESWAY THOROUGHBRED STUD FARM(ゲインズウェイファーム)は、アフリートアレックス・アフリートエクスプレス・バードストーン・コリシアン・スモークグリュッケン・タピットなどが繋養されております。
(GAINESWAYTHOROUGHBREDSTUDFARM(ゲインズウェイファーム)は、2006年までは、サンデーブレイク(SANDAY BREAK)が繋養されていましたが、後に、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)に移籍の後、2009年から、フランスのグランカン牧場に移動し、2011年からは、同じフランスの、ラ・エ・ヌーヴ牧場に移り、現在も繋養生活を送っています。)

HAT TRICK=ハットトリックの、GAINESWAYTHOROUGHBREDSTUDFARM(ゲインズウェイファーム)での、種付け料は、15000ドルになりそうです。

WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)での繋養生活を終えた、HAT TRICK=ハットトリックは、馬運車でお隣の、GAINESWAYTHOROUGHBREDSTUDFARM(ゲインズウェイファーム)に、到着し、着地検査の後、HAT TRICK=ハットトリックの新しい厩舎に入りました。

HAT TRICK=ハットトリックは、昨日の18日(日本時間・今日の19日)に、GAINESWAYTHOROUGHBREDSTUDFARM(ゲインズウェイファーム)で行われた、お披露目会に出場し、多くの人からの注目を集めていました。


サンデーサイレンスと、トリッキーコードの仔で、明けて、牡・11歳の青鹿毛の馬になる来年から、GAINESWAYTHOROUGHBREDSTUDFARM(ゲインズウェイファーム)で、新しい繋養生活を送ることになる、HAT TRICK=ハットトリックの、今後の活躍を期待したいと想い、願っています。


GAINESWAYTHOROUGHBREDSTUDFARM(ゲインズウェイファーム)で、来年から繋養生活を送ることになった、HAT TRICK=ハットトリック(写真は、WALMAC FARM LLC(ウォルマックファーム)で繋養中の時のもの。)