2011年10月14日金曜日

皇帝・シンボリルドルフ 牡・30歳で死去する。

1981年3月13日・パーソロンと、スイートルナの仔として生まれ、史上初・無敗の三冠馬に輝くなど、16戦13勝の成績を残し、1984・1985年の、優駿賞(現・JRA賞)・年度代表馬に2回選定され、1987年には、顕彰馬にも選定された、皇帝馬・シンボリルドルフ(SYMBOLIRUDORLF・毛色・鹿毛)が、10月4日・午前3時頃、老衰の為・千葉県・成田市のシンボリ牧場で亡くなりました、享年・牡・30歳で、人間に例えれば、90歳~120歳という、大往生でした。 シンボリルドルフは、3歳(現・2歳)の時の、1983年・新潟競馬場で行われた、サラ系3歳新馬戦(現・メイクデビュー新潟)・1着で、美浦・野平祐二厩舎(すでに解散済)から、競走馬デビューを果たし、いちょうステークス・サラ系3歳オープン・報知杯弥生賞・皐月賞・日本ダービー・ラジオ日本賞セントライト記念・菊花賞(第45回)・天皇賞・春(第91回)・ジャパンカップ・グランプリ有馬記念(1984・1985年・2回)など、16戦13勝の成績を果たしたのでした。 1986年3月29日(日本時間・3月30日)・アメリカ・サンタアニタパーク競馬場で行われた、サンレイルイレイステークス(現・サンルイレイハンデキャップ)に、参戦し、6着に甘んじたのを最後に、惜しくも現役を引退した、シンボリルドルフは、翌年の1987年から、門別のシンボリ牧場で、種牡馬入りし、これまでに、トウカイテイオーなど、多くの産駒を輩出し、2004年に引退するまで繋養生活を送りました。 種牡馬引退後は、門別のシンボリ牧場で功労馬となり、翌年(2005年)からは、千葉県・成田市の、シンボリ牧場で余生を送っていましたが、10月頃には体調を崩しており、栄養剤を投与するなどしておりましたが、遂に午前3時頃、老衰の為、息を引き取りました。 生きている昭和生まれの、三冠馬では、2000年の12月15日に、グッドルッキングホース・ミスターシービーが、蹄葉炎による衰弱の為、同じ、千葉県成田市本城の、千明牧場・三里塚分場で、牡・20歳で亡くなり、シンボリルドルフが、最後まで生きていました。 一方で、平成生まれの、三冠馬では、サンデーサイレンスとウインドインハ-ヘアの産駒・ディープインパクトが、2007年から種牡馬として、社台スタリオンステーション・早来で、種牡馬入りしており、顕彰馬にも選ばれるなど、今後・、シンボリルドルフ亡き後、現役種牡馬としては、唯ーの、平成生まれの三冠馬として、更なる活躍を期待するとともに、長く生きてほしいと、願っております。 皇帝馬・シンボリルドルフの、ご冥福をお祈りしたいと想い、願っております。