ブログ アーカイブ

2018年2月17日土曜日

MARTINBOROUGH=マーティンボロ フランスで種牡馬として繋養生活を送っている、ディープインパクトの産駒。(2)


Haras De Grandcmap Etalons MARTINBOROUGH

MARTINBOROUGH「ヒヒ~ン!」

マーティンボロは大きい雄叫びでいなないていました。

2010年1月10日まで、出国検疫検査を受けたマーティンボロは、鍋掛牧場(栃木県・那須塩原市・野間)を後に、馬運車で新東京国際空港(千葉県・成田市)へ移動し、馬運車をおりました。

ストールに積み替えられた、マーティンボロは、ストールごと飛行機に積みこまれて行きました。
(この時・墜落による頭部の強打事故防止の為のヘルメットがかけられた状態で飛行機に積み込まれました。)

MARTINBOROUGH「ブルルルルルルルル、ブルルルルルルルル。」

マーティンボロはディープインパクトを父にハルーワソングを母に持つ、青鹿毛のサラブレッド、それがマーティンボロ!

MARTINBOROUGH「ヒヒ~~~~ン!」

夜・マーティンボロは、飛行機で、新東京国際空港を離陸、ハルーワソングの2009が血統名である、マーティンボロは、競走馬として生活してきた、名残惜しい日本を後に繋養地・フランス共和国にむかいました。

飛行機の貨物室にストールごとに積み込まれている、マーティンボロは鼻息を鳴らしてました。

MARTINBOROUGH「ブルルルルルルルル、ブルルルルルルルル。」

マーティンボロは美しい馬体を持つ、青鹿毛のサラブレッド、それが、マーティンボロ。

MARTINBOROUGH「ヒヒ~ン!」

マーティンボロは、大きい雄叫びでいななく青鹿毛のサラブレッド、それがマーティンボロ。

MARTINBOROUGH「ヒヒヒ~ン!」

1月12日(日本時間・1月13日) 朝のフランス共和国の空港。

マーティンボロは、着陸と同時にストールごと飛行機を積み下ろしました。

ストールを出た、マーティンボロは、馬運車に積み込まれて、繋養先の、Haras de Grandcamp(グランカン牧場)にむかいました。

空港を後にした、マーティンボロは、馬運車内で過ごしていました。

MARTINBOROUGH「ブルルルルルルルル。」

MARTINBOROUGH「ヒヒ~ン。」

マーティンボロは、大きい雄叫びでいななきました。

1月12日(日本時間・1月13日)・マーティンボロは、繋養先のHaras de Grandcamp (グランカン牧場)に到着、日本から長い渡航の末、馬運車を降りました。

マーティンボロは、Haras de Grandcamp (グランカン牧場)到着後、着地検査の後、種牡馬厩舎に移動しました。

MARTINBOROUGH「カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。」

MARTINBOROUGH「カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。」

MARTIINBOROUGH「カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。」

MARTINBOROUGH「ブルルルルルル、ブルルルルルルルル。」

マーティンボロは、大きい鼻息を鳴らしながら、Haras de Grandcamp (グランカン牧場)の種牡馬厩舎の馬房に入りました。

日本から、長い渡航の末、到着したマーティンボロは、長旅の疲れを癒していました。

MARTINBOROUGH「ヒヒ~ン」

マーティンボロは、大きい声でいななきました。

MARTINBOROUGH「ウ~~~~~!」

MARTINBOROUGH「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

マーティンボロは、大きいうんち(💩)を落としてやりました。

翌日・放牧場に出された、マーティンボロは、手綱を離しては、走りだしていました

MARTINBOROUGH「ヒヒ~ン!」

MARTINBOROUGH「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

MARTINBOROUGH「パカッ。」

MARTINBOROUGH「ブルルルルルルルル。」

MARTINBOROUGH「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン!」

マーティンボロは、大きい雄叫びでいなないていました。

MARTINBOROUGH「ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ。」

MARTINBOROUGH「バシャ~~~~~~~~~!」

マーティンボロは、大きい尿(おしっこ)を出してやりました。

MARTINBOROUGH「ジャ~~~~~!」

マーティンボロは、緑色の気持ちいいおしっこを出してやる馬、それがマーティンボロ。

MARTINBOROUGH「ヒヒ~ン、ブルルルルルルルル。」

種付の時が来ました。

繁殖牝馬が、Haras de Grandcamp (グランカン牧場)の、種付場(交配場)に来ると、マーティンボロは、種付の仕事をこなします。

2017年1月にHaras de Grandcamp (グランカン牧場)に来た、マーティンボロにとって、初の種馬の仕事も、並大抵でもなくこなしています。

Haras de Grandcamp(グランカン牧場)でも、マーティンボロの他、アメリカンデヴィル(アメリカ合衆国産馬)を始め、HAT TRICK=ハットトリックのフランスでの代表産駒 DABILSIM=ダビルシムなどの種牡馬達が繋養されている事もあって、多くのブリーダー達が種付けをこなしております。

Haras de Grandcamp(グランカン牧場)に、初めてのディープインパクト産駒として導入された、マーティンボロは、2018年の春に初年度産駒の出産シーズンを迎えるとの事で、順調に育てれば、2020年には、競走馬としてのデビューを迎えるとの事です。

ディープインパクトを父にハルーワソングを母に持つ、マーティンボロ、2017年~2018年の種牡馬シーズンから、フランス共和国・ノルマンディー地方・トルーンのHaras De Grandcmapで種牡馬として繋養生活を送っている、青鹿毛のサラブレッド・マーティンボロ、マーティンボロを父に持つ、初年度産駒が無事に産んで第1号産駒を輩出できるのか、期待したいところです。


MARTINBOROUGH「ヒヒ~ン、ブルルルルルルルル。」



MARTINBOROUGH マーティンボロ フランスで種牡馬として繋養生活を送っている、ディープインパクトの産駒。



Haras De Grandcamp Etalons MARTIN BOUGH

マーティンボロは、ディープインパクトを父にハルーワソングを母に持つ、青鹿毛の男馬のサラブレッド、それが、マーティンボロ。

MARTINBOROUGH「ヒヒヒ~ン、ブルルルルルルルル!」

フランス共和国・ノルマンディー地方・トルーン。

ここにある、Haras De Grandcamp(グランカン牧場)に、2017年から種牡馬として繋養生活を送っている、マーティンボロ。

検疫検査での問題の関係から、輸出を断念し、日本で競走馬生活を送らざるを得なかった、マーティンボロは、ディープインパクトを父に持つ産駒では、唯一の遅生まれ産駒です。

ニュージーランドの町名が由来のマーティンボロ(MARTINBOROUGH)は、2009年8月20日にハルーワソングの2009として生まれた、青鹿毛のサラブレッドで、生産者のノーザンファーム(北海道・勇払郡・安平町・早来源武275番地)では、珍しい遅生まれのサラブレッドです。

マーティンボロの生年月日が、2009年8月20日と遅い生まれになったのは、ディープインパクトを父に持つ産駒を南半球を輸出させる実験的な試みの為とされております。

吉田 和美氏の所有馬として、栗東トレーニングセンター・友道康夫厩舎に預託され、牡・7歳の時の2016年に福島競馬場で行われた、福島記念(7着)を最後に現役を引退するまで、マーティンボロは、28戦7勝の成績を残した青鹿毛のサラブレッドです。

この間・中日新聞杯(中京競馬場)・新潟記念(新潟競馬場)と、2つの重賞競走を制覇しています。

2017年1月4日 牡・8歳の青鹿毛のサラブレッドになった、マーティンボロは、フランス共和国・ノルマンディー地方・トルーンの、Haras De Grandcmap(グランカン牧場)から、新種牡馬としてスタッドインしてほしいという要請のオファーに応えて、同日付で競走馬登録抹消と同時に、競走馬生活に終止符を打ち引退、その後・鍋掛牧場(栃木県・那須塩原市・野間)に移動して、ここで1月10日まで出国検疫検査を受けたのです。

MARTINBOROUGH「ブルルルルルルルル、ブルルルルルルルル。」

(2へ。)


2018年2月9日金曜日

Sierra シエラ ゴールデンドックエーの最新鋭産駒・デビュー 父は、ステイゴールド産駒の種牡馬・オルフェーヴル!

Sierra=シエラの情報 G1サラブレッドクラブ

2017年12月10日・阪神競馬場で行われた、メイクデビュー・阪神(サラ系2歳新馬戦)で、1頭の栗毛の牝馬が出走し、惜しくも3着に敗れはしましたが、無事にデビューを果たしてくれました。

名前は、Sierra=シエラ(馴染みよい女性名・血統名 ゴールデンドックエーの2015)で、ゴールデンドックエーを母に持つ馬では最新鋭産駒にあるサラブレッドで、栗東トレーニングセンターの須貝尚介厩舎に、G1レーシングの所有馬として預けられておりますが、父が、ステイゴールドを父に持つ、オルフェーヴル(Orfeevre=フランス語でゴールドスミス(金細工師)という意味。)に代わっているのが、特徴です。

2015年にゴールデンドックエーを母に持つ馬では、最新鋭産駒として社台コーポレーション・白老ファーム(北海道・白老郡・白老町)で生まれた、シエラ(Sierra)は、ぼくと同じ1月24日生まれのサラブレッドで、現在は、牝・3歳となっており、1月24日には、牝・3歳の誕生日をむかえたところです。

現在・ゴールデンドックエーを母に持つ馬では、オルフェーヴルが父になっていて、放牧休養中のシエラ(Sierra)、次走の予定はありませんが、いずれレースに復帰した時は、初勝利を挙げてほしいと、願っております。

いよいよ、今日から、韓国の平昌(ピョンチャン)で、ピョンチャンオリンピック・パラリンピックが開幕していて、白虎のスホランとツキノワグマのバンダビがマスコットキャラクターとなっていて、隣国の日本・中国・オーストラリア・ニュージーランドなどのアジア・オセアニア地域の国をはじめとする世界中の国から参戦する様で選手団の活躍が期待されている様で、NHKが「サザンカ」(SEKAI NO OWARI)を始め、各局などの応援テーマソングを流しては、代表選手団全てに応援を送ることで注目されそうですが。
ぼくは、それより、大好きな、サラブレッドのシエラ(Sierra=女性名・父 オルフェーヴル 母 ゴールデンドックエー・血統名 ゴールデンドックエーの2015・1月24日生まれ 牝・3歳・毛色・栗毛)が気がかりで、心配でならないのですので、シエラ(Sierra=女性名・毛色 栗毛・牝・3歳)を、応援してあげて下さい。

2017年12月10日・阪神競馬場で行われたメイクデビュー・阪神では、惜しくも3着と敗れはしたものの、無事にデビュー出来て良かったね、シエラ(Sierra)。

Sierra「ヒヒ~ン!」

次走の出走の予定はなく放牧休養に出しているけれど、ぼくと同じ1月24日生まれの馬だから、復帰したら初勝利を果たしてほしい。

なあ、大好きな、シエラ(Sierra)よ、成長放牧をさせて初勝利を目指して、走れ!

Sierra「ヒヒ~ン、ブルルルルルルルル!」

2018年2月6日火曜日

Albert Dockアルバートドック(イギリス港湾都市リバプールにあるウオーターフロント地区。) イタリア共和国・ベスナーテのAllavamento Di Besnate(ベスナーテ牧場)で新種牡馬としてスタッドインした、鹿毛のサラブレッド。(2)


(ディープインパクトを父に、ゴールデンドックエーを母に持つ、アルバートドック)


アルバートドックは、2018年1月15日まで、出国検疫検査を受けた後、新東京国際空港に移動し、馬運車を降りてストールに積み替えた後、ストールごと、飛行機に積み込まれました。

アルバートドックは、1月16日の夜・新東京国際空港発の飛行機で、名残惜しい日本を後に、繋養先のイタリア共和国・ベスナーテのAllavamento Di Besnate(ベスナーテ牧場)にむけて渡航しました。

1月17日(日本時間・1月18日) イタリア共和国・ベスナーテ。

ディープインパクトとゴールデンドックエーの仔・アルバートドックは、長い渡航と道のりを終えて、繋養先のAllavamento Di Besnate(ベスナーテ牧場)に到着、馬運車を降りました。
アルバートドックは、着地検疫検査を受けた後、種牡馬厩舎に入厩し、Albert Dock(Jpn)と書かれた馬房に入り、疲れを癒しておりました。

入れ替わりに、レックススタッドから、Allavamento Di
 Besnate(ベスナーテ牧場)にて繋養生活を送っていた、もう1頭のディープインパクト産駒・ダノンバラード(Danon Ballade(Jpn)・母・レディーバラード)が、イギリスのBATSFORD STUD(バッツフォート スタッド)に移動して繋養生活を送ることになり、馬運車に載せられて、繋養生活を送った、Allavamento Di Besnate(ベスナーテ牧場)を後にしました。

Albert Dock「ブルルルルルルルル。」

Albert Dock「ヒヒ~ン!」

アルバートドックは大きい雄叫びでいななきました。

(イタリア・ベスナーテ牧場での、Albert Dock=アルバートドック。)

(ベスナーテ牧場の、種牡馬厩舎で過ごすアルバートドック。)

アルバートドックが、放牧場に放たれる時が来ました。

Albert Dock「カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。」

Albert Dock「カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。」

Albert Dock「ブルルルルルル、ブルルルルルル。」

Albert Dock「ヒヒ~~~ン、ヒ~ン!」

Albert Dock「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

Albert Dock「パカッ。」

Albert Dock「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~ン!」

アルバートドックは、大きい雄叫びで、いななきました。


イタリア共和国・ベスナーテに来て、初めて見る空は、北海道・白老郡・白老町の空と比べて、澄んだ空ですが、牧草がアルカリ性の高い牧草になっていて、ちょっと戸惑いそうですが、母・ゴールデンドックエーの産駒では、初のイタリア共和国繋養馬になった、アルバートドックは、新種牡馬として生活を始めたところであり、今後の活躍を期待したい所です。

Albert Dock「ウ~~~~~!」

Albert Dock「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

アルバートドックは大きい緑色のうんち(💩)を落としては過ごしたのです。

Albert Dock「ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ。」

Albert Dock「バシャ~~~~~~~~!」
Albert Dock「ジャ~~~~~~~!」

アルバートドックは大きい緑色のおしっこ(尿)を出してやりました。

Albert Dock「ブルルルルルルルルルルㇽ。」

Albert Dock「ヒヒ~ン!」

Albert Dock「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

アルバートドックは、大きい脚の蹄でイタリア・ベスナーテ牧場の放牧場の大地を蹴ってやりました。

Albert Dock「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

Albert Dock「ブルルルルルルルル。」

Albert Dock「ヒヒ~ン!」

Albert Dock「カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。」

アルバートドックは、大きい蹄で、種牡馬厩舎に戻り、馬房に入りました。

Albert Dock「ブルルルルルルルル。」

Albert Dock「ヒヒ~ン、ヒヒ~ン、ヒヒ~~~ン!」

アルバートドックは、大きい雄叫びでいななきました。

ベスナーテ牧場の種牡馬厩舎に餌が運ばれてくると、アルバートドックなどの種牡馬達は、次々と、大きい雄叫びでいなないては、餌をはみ始めました。

Albert Dock「ヒヒ~~~ン!」


Albert Dock「モグ、モグ、モグ、モグ、モグ。」

アルバートドックは、大きい餌をはんでいました。

Albert Dock「プ~~~!」

アルバートドックは、大きいおならの臭いを嗅いでやりました。

Albert Dock「ヒヒ~~~ン!」

アルバートドックは、大きい雄叫びを鳴らしながら、フレーメンをしてやりました。

Albert Dock「ウ~~~~~!」

Albert Dock「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

アルバートドックは、大きい緑色の💩(うんち)を出していました。

Albert Dock「ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ、ニョロ。」

Albert Dock「バシャ~~~!」

Albert Dock「ジャ~~~~~~~!」

アルバートドックは、大きくて、気持ちいいおしっこ(尿)を出してやりました。

アルバートドックは、大きいおしっこ(尿)を出してやる馬です、遠い北海道・白老郡・白老町の大地を想い出しながら、大きく成長する鹿毛のサラブレッド、それがアルバートドックです。

Albert Dock「ヒヒ~~~ン。」

アルバートドックは、北海道・白老郡・白老町の大地を想い出しながら、大きい雄叫びでいなないてやる馬です。

アルバートドックは、父・ディープインパクト 母・ゴールデンドックエーです。

アルバートドックの血統名は、ゴールデンドックエーの2012です。

アルバートドックは、北海道・白老郡・白老町の大地で育まれた、大きくてかわいい男の仔の馬、それがアルバートドックです。

牡・3歳の馬に成長してた現役時代のアルバートドックが、リゲルステー
クスに出走した時、1 1/4身の差で入ったのですが、アメリカ合衆国生まれの、ダッシングブレイズ(父・キティンズジョイ 母・ブレイジングクリス)に敗れ、3着に終わるなど、3着が3回入着する成績を残しておりましたが、種牡馬になる為、出国検疫検査を受けて、イタリア共和国・ベスナーテのAllavamento Di Besnate(ベスナーテ牧場)に新種牡馬として、今回・日本から輸入されて来ました。

北海道・白老郡・白老町の生産馬で、本年から、イタリア共和国・ベスナーテのAllavamento Di Besnate(ベスナーテ牧場)で新種牡馬としてスタッドインした、アルバートドック(Albert Dock=イギリス港湾都市リバプールにあるウオーターフロント地区・父 ディープインパクト 母 ゴールデンドックエー・血統名 ゴールデンドックエーの2012・牡・鹿毛)は、今後・種付交配などの仕事をこなす様で、2019年には、アルバートドックを父に持つ、初年度産駒(アルバートドックⅡ世)の誕生が予定されていて、2021年には、アルバートドックを父に持つ、初年度産駒の競走馬デビューが予定されている様で、イタリア共和国・ベスナーテで、新種牡馬として繋養生活を開始した、アルバートドックの更なる活躍を期待したいと想い、願っております。


Albert Dock「ヒヒ~ン!」

(終)




2018年2月5日月曜日

Albert Dock アルバートドック(イギリス港湾都市リバプールにあるウオーターフロント地区。) イタリア共和国・ベスナーテのAllavamento Di Besnate(ベスナーテ牧場)で、新種牡馬としてスタッドインした、鹿毛のサラブレッド。

(本年から、イタリア共和国・ベスナーテのAllavamento Di
 Besnate(ベスナーテ牧場)で、新種牡馬としてスタッドインした、アルバートドック(Albert Dock=イギリス港湾都市リバプールにあるウオーターフロント地区。) )






2018年1月17日(日本時間・1月18日) イタリア共和国・ベスナーテのAllavamento Besnate(ベスナーテ牧場)に、1頭の日本産馬が、やって来ました。

ディープインパクトと、ゴールデンドックエーの仔・Albert Dock=アルバートドック(イギリス港湾都市リバプールにあるウオーターフロント地区。)です。

2012年1月21日・北海道・白老郡・白老町の、社台コーポレーション・白老ファームで生産された、アルバートドックは、G1レーシングの所有馬として、中央競馬で18戦5勝を挙げた、鹿毛のサラブレッドです。

アルバートドックの母・ゴールデンドックエーは、アメリカ合衆国生まれの牝馬の栗毛のサラブレッドで、現役時代・アメリカ合衆国で競争生活を送り、3勝の成績を残した後、社台コーポレーション・白老ファームが、繁殖牝馬として、日本に輸入されて来ました。

ゴールデンドックエーの2012が血統名の、アルバートドックは、栗東・松田 博貨厩舎(通称・マツパク)に預けられましたが、同調教師の定年退職により、厩舎が解散したので、アルバートドックは同じ栗東の須貝尚介厩舎に転厩し、2018年1月10日付で競走馬登録を抹消され引退するまで、現役競走馬として、活躍しました。

アルバートドックは、七夕賞・小倉大賞典など、5勝目を挙げた他、リゲルステークスでは、4着のマテンロウハピネスを抑えたものの、ダッシングブレイズ(Dashing Brayz=イギリス語で威勢の良い炎という意味)に敗れ、3着に終わるなど、3着を3回残しております。
アルバートドックは、2016年9月4日・新潟競馬場で行われた、第52回・新潟記念で、アディンインザライフの2着に終わったのが、ラストランのレースとなり、以後は、左前脚屈腱炎を発症しており休養に充てていてそれが思わしくない事と、イタリア共和国・ベスナーテのAllavamento Di Besnate(ベスナーテ牧場)から、2018年~2019年の新種牡馬として、アルバートドックをスタッドインしてほしいという要請のオファーがあって、それに応じた、馬主の株式会社G1レーシング(G1サラブレッドクラブ HP・https://www.g1tc.co.jp/) ・所属厩舎の須貝 尚介調教師(栗東) そして、生産者の社台コーポレーション・白老ファームと、アルバートドックの今後の対応について協議した結果、左前屈腱炎の状態が思わしくない事と、イタリア共和国・ベスナーテのAllavamento Di Besnate(ベスナーテ牧場)から新種牡馬としてスタッドインしてほしいとの要請のオファーが出された事から、現役引退を決めたのです。

栗東トレーニングセンターの須貝尚介厩舎は、管理馬のアルバートドックを2018年1月10日付で競走馬登録抹消する、手続願を、日本中央競馬会に申請し同会も受理しました。

アルバートドック(Albert Dock=イギリス港湾都市リバプールにあるウオーターフロント地区。)は、2018年1月10日付で競走馬登録を抹消され、競走馬としての長い生活に終止符を打ち、引退しました。
(2へ。)

2017年12月23日土曜日

KARAKONTIE カラコンティ(2)

KARAKONTIE Gainesway




KARAKONTIE「ヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルル。」

KARAKONTIE「カポ、カポ、カポ、カポ、カポ、カポ。」

KARAKONTIE「カポ。」

KARAKONTIE「カポ、カポ、カポ。」

KARAKONTIE「ヒュヒュヒュ~ン、ヒュン。」

KARAKONTIE「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

KARAKONTIE「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

KARAKONTIE「パカッ。」

KARAKONTIE「ヒュヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

KARAKONTIE「ウ~~~~!」

KARAKONTIE「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

KARAKONTIE「ブルルルルルルルルルルル。」

KARAKONTIE「ヒュヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

声高く大きい雄叫びでいななく、カラコンティが、ゲインズウェイファームで繋養生活を開始して間もない、今年の3月頃、待望の初年度産駒が生まれ、カラコンティを父に持つ仔馬は、増えていくばかりです。


Gainesway Farm(ゲインズウェイファーム)の種牡馬厩舎にて繋養されている、カラコンティの隣の馬房には、2018年から、バードソングという、バードストーンの産駒が種牡馬として入厩し、繋養されることになっていて、その為の準備を進めていました。

KARAKONTIE「ブルルルルルルルルルルㇽ。」

KARAKONTIE「ウ~~~~!」

KARAKONTIE「ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト、ボト。」

カラコンティは、大きい緑色の💩(うんち)を、落としては、体を整えておりました。

KARAKONTIE「ヒュヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

カラコンティは、声高くいなないていました。

2016年から、アメリカ合衆国・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクのGainesway Farm(ゲインズウェイファーム)で種牡馬として繋養生活を送っている、KARAKONTIE=カラコンティ、2018年~2019年の種牡馬シーズンもさらなる活躍を期待したいと想い、願っております。



KARAKONTIE「ヒュヒュヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルルルル。」

2017年12月17日日曜日

KARAKONTIE カラコンティ




http://www.gainesway.com/stallions/karakontie/

KARAKONTIE「ヒュヒュヒュヒュヒュ~ン。」

KARAKONTIE「カポカポカポカポカポ。」

KARAKONTIE「カポカポカポ。」

KARAKONTIE「ブルルルルルルルルルルルル。」
KARAKONTIE「ヒュヒュヒュ~ン、ヒュン。」

KARAKONTIE「パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ、パカッ。」

KARAKONTIE「パカッ。」

KARAKONTIE「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルル。」

カラコンティとは、モホーク語で空飛ぶ太陽という意味。

可愛くて逞しい体を持つ大きな馬になってほしいという願いがこめられた、素敵な名前の鹿毛のサラブレッド、それが、カラコンティです。

KARAKONTIE「ヒュヒュヒュヒュ~ン、ブルルルルルルルル。」

2011年1月30日・北海道・新冠郡・新冠町の社台コーポレーション・白老ファームで生まれたカラコンティですが、実際・カラコンティ(空飛ぶ太陽・モホーク語)は、フランス共和国・ヴェルトハイマー夫妻の名義で生産された、鹿毛のサラブレッドで、日本産馬の1頭ですが、バーンスタインを父に、サンイズアップを母に持つ、可愛い鹿毛のサラブレッドですが、実は、所属がJ・ピース厩舎となっていて、馬主が、ニアルコスファミリーとなっているので競走馬として育成される為、フランス共和国で競走馬として、生活を送ることになり、飛行機でフランスへ渡航しました。

カラコンティは、雄大な北海道の大地を想い出しながら、大きく成長している鹿毛の馬、それが、カラコンティです。

モホーク語で空飛ぶ太陽という意味の、カラコンティは、現役時代、フランス・イギリス・アメリカなどで12戦5勝を挙げ、2014年のブリーダーズカップ・マイルなどを制覇した、牡で鹿毛のサラブレッド、それがカラコンティです。

2015年の、ブリーダーズカップ・・マイル 11着を最後に惜しくも現役を引退した、KARAKONTIE(カラコンティ)は、2016年から、アメリカ合衆国・ケンタッキー州・レキシントン近郊のゲインズウェイファームで種牡馬として繋養生活中で、2017年には生まれているとの事で、カラコンティは、2017年~2018年のシーズンでも、種牡馬として活躍しております。

KARAKONTIE カラコンティが繋養されている、Gainesway Farm ゲインズウェイファームは、1970年(昭和45年)に創業した、競争馬生産・種牡馬繋養牧場で、ここには、アフリートアレックス バードストーン アンカーダウン(2017年から種牡馬生活を開始した、タピット産駒の芦毛馬)・タピット(日本にも、タールタン・グラブザフラッグ・ラニ・ラビットランなどの産駒がいる、同じ産駒で交流競走も制覇したことがあるテスタマッタも、韓国で種牡馬生活中。)・タピザー(こちらも、日本にも、ミセスワタナベ・タピゾーの産駒がいる。)・エンパイアメーカー・トゥオナーアンドサーブなどが繋養されております、ゲインズウェイファームには、2012年~2013年の種牡馬シーズンから、マイラーチャンピオンホース・ハットトリックも繋養されておりましたが、2017年~2018年の種牡馬シーズンの途中で、ブラジル共和国・パラナの、スプリングフィールド・サンタ・リタ・ダ・セーラの、両牧場へシャトル種牡馬として売却・譲渡されることになり、5月下旬には、ゲインズウェイファームを後に、ブルーグラス空港へ馬運車で移動し、同空港発の飛行機で2007年に日本から輸入して以来、長く繋養生活を過ごしたアメリカ合衆国・ケンタッキー州・レキシントン近郊・パリスパイクを後に新繋養先・ブラジル共和国・パラナ州・パラナへ渡航されました。